タグ:ショーン・ビーン ( 6 ) タグの人気記事

GAME OF THRONES 

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン3

シーズン3も毎回高視聴率!絶好調の七王国ドラマ。


以下、全10話まとめてネタバレ含むあらすじ少し、そして私の勝手な感想です。

シーズン3 で大きく印象に残った内容は次の3点。

d0175590_9225824.jpg

① ジェイミーの右手が切り落とされる

シーズン2 からスターク家の捕虜として捕らわれの身で自由がきかない
ジェイミー・ラニスター(ニコライ・コスター・ワルドー)。

争いの中で右手を切り落とされてしまう。
剣の腕前には誰よりも自信が会ったジェイミーは、戦う利き腕の右手をなくし失望。

ジェイミーと当初、主従関係にあり、仲違いしていた、
長身(191 cm)のカッコイイ女騎士ブライニー・タース(グェンドリン・クリスティ)
ジェイミーが右手を失ってから、お互いの雰囲気も良い感じ。 

ジェイミーったら今までの性悪な自分と決別し改心するようなことを言葉にしたが
本当に心を入れ替えて、善人になれるのか? 
なにしろブラン・スターク(アイザック・ヘムステッド=ライト)
下半身不随となった原因をつくった張本人なんだから。

ジェイミーとの再会を長い間待っている禁断の恋愛関係の
双子の姉サーセイ・ラニスター(レナ・ヘディ)とはどうなるのか? 
シーズン3 フィナーレで、ジェイミーとサーセイは、ようやくチラッと再会できたけど
セリフなしで終了したから気になるな~。

一番好きなキャラクターだったスターク家の領主エダード”ネッド”スターク(ショーン・ビーン)
ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1 で絞首刑で殺害されてからは
私の一番好きなキャラクターはジェイミー・ラニスター!
シーズン3 は前半は結構出演シーンが多くて単純にうれしかったりして♪
なにしろ登場人物多いからね~ゲーム・オブ・スローンズ

d0175590_949073.jpg

② ティリオンとサンサの結婚

ティリオン・ラニスター(ピーター・ディンクレイジ)
父親に命令され自分の意思に反して、サンサ・スターク(ソフィー・ターナー)と政略結婚。 

冷酷な暴虐王ジョフリー・バラシオン(ジャック・グリーソン)から逃げれたことはうれしいが
ティリオンとの結婚に乗り気ではないサンサ。 

今後どうなるのかな~。
言葉が乱暴で皮肉っぽい発言も多いティリオンだけど女性には優しいから…。
サンサが嫌がることは絶対しないと約束したし…。

d0175590_9525684.jpg

③ 母キャトリンと長男ロブの殺害

”男の子だったらエダード(ロブの父)と名付けよう!”と話していた妊娠中の妻を眼の前で殺され
あまりのショックで、ほとんど抵抗することもなくアッサリ殺されてしまった、
ロブ・スターク(リチャード・マッデン)。 

その場を見て発狂した勇敢な母キャトリン・スターク(ミシェル・フェアリー)も殺害されてしまった…。

このシーンが シーズン3 で一番驚いた!

”エ~ッ!ウソでしょう?!”
あまりにもショックだったのは当然私だけではなく
YouTube に「その衝撃シーンを観た視聴者のリアクション」ばかりを特集した動画があるけど
全くその通り!あ~っ!ホントに最期なの?って…。

シーズン1 フィナーレで、ネッドが絞首刑で殺害されたときもかなりショックだったけど
ロブとキャトリン殺害のシーンのほうが予想をはるかに超えて衝撃度大きかったかも…。 
しかしスターク家は悲報が続くなあ…。

シーズン3 途中のシーンで印象に残ったキャトリンのセリフ…
”ネッドが、彼と愛人との間の子供である幼いジョン・スノウ(キット・ハリントン)
連れて帰って来たとき、ジョンが憎くて仕方なかった。
その後も”あのこには罪がないんだから…”と愛そうと努力したが結局出来なかった。 
ジョンを愛せなかった罰としてスターク家が一家離散、バラバラになってしまったんだわ…。”と
悲しそうだったこと。



最後に…ゲーム・オブ・スローンズ シーズン3
映画 LOVE ACUTUALLY ラブ・アクチュアリー
リーアム・ニーソンの継息子を演じていた子役トーマス・サングスター
成長して大きくなって登場して驚いたな~。





にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]
GAME OF THRONES シーズン2

ゲーム・オブ・スローンズ 第二章 王国の激突


ジョージ・R・R・マーティン原作の中世ヨーロッパを舞台にした
架空の王国の王座を巡る歴史ファンタジー戦記・壮大叙事詩、
A SONG OF ICE AND FIRE (氷と炎の歌)
第一章 GAME OF THRONES (七王国の玉座)の大人気ドラマ。

1シーズンたった10エピソードと短いので
4月にシーズン開始して、もう6月にはシーズン・フィナーレ、
まさにアッと言う間!に、1シーズン終わってしまいました(笑)。

以下、大まかだけど、シーズン1&2のネタバレあり

d0175590_3154871.jpg


シーズン2は、ますます登場人物が増え、タイトルそのもの、
王国の王座を狙って各地で紛争が勃発。 
殺害方法は、かなり残虐なので眼を覆いたくなるようなシーンも結構アリ…。

シーズン1フィナーレにて
私の一番好きなキャラクターだったスターク家の領主である、
エダード”ネッド”スターク(ショーン・ビーン)が殺害されてしまったので
実はシーズン2は、かなり気落ちして観始めた…。
”ネッドが回想シーンで出てくるかな~。”と言う、微かな期待も見事に破られたし…。 
↑まぁショーン自身がインタビューで既に
”シーズン2に回想シーンで登場することはない。”とハッキリ言っていたものの、
ファンとしては密かに期待していたのよね…。

d0175590_3221336.jpg

          ネッド・スターク(ショーン・ビーン)&妻キャトリン・スターク

しかしスターク家は皆バラバラになってしまったな…。
ネッドの妻であり、5人の子供の高潔な母キャトリン始め、
責任感強い長男ロブ、若い暴虐王ジョフリー・バラシオンに捕らわれの身の長女サンサ
男の子みたいに勇敢な次女アリア、下半身不随となった次男ブラン、そして幼い三男リコン
そしてネッドと別の女性の間に生まれたジョン・スノウ…皆それぞれ別の土地で“戦って”いる。 
昔のように、また皆揃って会える日はいつ?

d0175590_328119.jpg


左からジョン・スノウ、デナーリス・ターガリエン、ラニスター家(サーセイ、ジェイミー、ティリオン)
Photo by Entertainment Weekly

ネッド・スタークがいなくなった今、私が好きなキャラは、
スターク家と敵対するラニスター家のサーセイ・ラニスター(レナ・ヘディ)。 
血縁関係ある実の双子の弟ジェイミーと恋愛関係にあり、暴虐王ジョフリーの母であり、
かなり自分勝手な自信家で残酷な女性。

そして、もうひとり好きなキャラは、
ジェイミー・ラニスター(ニコライ・コスター・ワルドー)
有能な戦士だけど、高慢で、これまた残酷な性格。
今シーズンは、スターク家の捕虜となり鎖に繋がれていたので、あまり登場シーンがなかったのが残念。
もっと自由に暴れて欲しい(笑)。

ネッドが殺害されたのも、ブランが下半身不随となったのも
スターク家がバラバラになった要因は
元はと言えば、サーセイとジェイミーが近親相姦…
ジョフリーは前王ロバート・バラシオンとサーセイの子ではなく、
サーセイとジェイミーの子と言う秘密を知ってしまったためだけど…
なぜか好きなキャラなんだな~彼ら。

そして、サーセイ&ジェイミーの弟で
策略家のティリオン・ラニスター(ピーター・ディンクレイジ)
シーズン1の大活躍で
エミー賞助演男優賞、ゴールデン・グローブ賞助演男優賞を受賞したティリオン役の
ピーターの登場シーンが、シーズン2は、より増えました。
沢山いる GAME OF THRONES の登場人物の中でも特に人気あるキャラだからね~。 
ショーン・ビーンがいなくなったので、
ピーター・ディンクレイジが、このドラマの出演者の中でギャラが一番高いとのこと。






GAME OF THRONES シーズン3は、来年4月放送開始決定。 
まだまだずっと先のことだな~(笑)。






にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]
USAにて、ミッドシーズン(3月)開始の
CIAエージェントが活躍する犯罪サスペンス・ドラマ 

MISSING ミッシング シーズン1

全10話の紹介です。

主演:アシュレイ・ジャッド & ショーン・ビーン


私にとって、アシュレイ・ジャッドと言うと
映画 DOUBLE JEOPARDY(ダブル・ジョパディー)
HIGH CRIMES (ハイ・クライムズ)EYE OF BEHOLDER(氷の接吻)と言った、
肉体的にも精神的にも強い女性を演じたサスペンス・スリラー主人公のイメージが強く
ここ10年ぐらいの彼女の抑えめ控えめの役柄はあまり好みではないので
また以前のように、アシュレイが暴れる!と聞いて、喜んだら
ホント期待を裏切らず、”これでもか~!”ってくらい(笑)強い女性を演じています、今回も。

そして、もうひとり大好きなショーン・ビーン
今回エピソード1開始たった3分!で殺害されてしまい
(悪役でも善役でも、とにかく死ぬ、殺される役が多いショーンの)
”おっ!3分で死ぬとは最短記録更新か(笑)?!”と思ったら…(詳しくはこちら→
ちゃんと後で、たっぷりカッコイイ♪ショーンが登場。


以下、ネタバレは少しあるけど、内容が犯罪ミステリー・スリラーなので、極力控えています。

d0175590_7283539.jpg


USAで、フラワー・ショップを経営するシングル・ママ、
レベッカ”ベッカ”ウィンストーン(アシュレイ・ジャッド)の18歳の息子マイケル
イタリアヘ建築学勉強のため夏短期留学に旅立ったのもつかの間、
何者かに誘拐され、ベッカは息子捜しにヨーロッパヘ!

ベッカの夫でありマイケルの父であるポール(ショーン・ビーン)は10年前、
息子マイケルと一緒にヨーロッパ旅行をしていた先のウィーンで
当時8歳のマイケルの眼の前で自動車爆発事故で亡くなっている。
表向きは無差別テロの犠牲で殺害されたとなっていたが…。

実はマイケルには内緒だが、ポールはもちろん、ベッカも10年前まで
スパイ活動をしていた筋金入りのCIAエージェントだったのだ。

なぜマイケルは誘拐されたのか? 
ベッカの過去のCIA諜報活動が関係しているのか?
死んだハズのポールは実は生きていて、2重スパイの裏切り者なのか? 
現役CIA内に誘拐に絡むスパイが潜んでいるのか?

ベッカの昔の恋人でイタリア人のインターポール(国際刑事警察機構)エージェントの
ジャンカルロ・ロッシ(アドリアーノ・ジャンニーニ)に協力を依頼し
CIAヨーロッパ支部を巻き込み、ベッカはヨーロッパ各国を横断し追跡する。

d0175590_7354647.jpg

       毎週TVドラマでショーンが観れるなんて夢のようだった…

まるで、2時間の映画のような題材。
そう、映画 TAKEN(96時間)を彷彿させる、このドラマ。
あの映画は、元CIA工作員の父(リーアム・ニーソン)がフランス旅行中に誘拐された娘を捜索する話。 
そして、このドラマは、元CIA工作員の母がイタリア留学中に誘拐された息子を捜索する話。

このドラマ MISSING の豪華なところは
自ら、このドラマの製作総指揮のひとりでもあるアシュレイ・ジャッドを始め、出演者たちが本当に、
フランス、イタリア、オーストリア、クロアチア、チェコ、ハンガリー、ブルガリア、ロシアなどの
ヨーロッパ各地、そしてトルコも訪れてドラマ撮影している点。
ここが、USA国内の撮影スタジオ内で
”なんちゃってヨーロッパの景色をセットとして”使用する安上がりのドラマと違うところ。

まぁツッコミどころとしては、
10年も前にCIA工作員を引退しているのに、なぜあんなに強いんだよ、ベッカ! 
いくら毎日ジョギングしていても肉体的に厳しいハズなのに、
現役のスパイに勝ってしまうなんて(笑)…とか、

10年間も音信普通でいきなり連絡してきた元恋人(ベッカ)に懇願され、
命を賭けて協力して何回も危険な目に合うジャンカルロ…
彼の好意に、ベッカったらチョット彼のコト利用し過ぎ…ジャンカルロかわいそう…とか、
あるけど、それも楽しい。

イタリア訛りの英語がセクシーだな~と思ったら、
このジャンカルロ役の俳優アドリアーノ・ジャンニーニ
イタリアの名優ジャンカルロ・ジャンニーニの実の息子なのでした。

そしてもうひとり気になる配役は、
ベッカの元上司で師匠、マイケルのゴッド・ファーザーでもある元CIA工作員の
マーティン・ニューマン役のキース・キャラダイン
キースは、クリミナル・マインド(エピ NO WAY OUT 1&2 シリアル・キラーのフランク役) 
デクスター(FBIエージェント、フランク役)など演じていて、好きな俳優のひとり。


さて10話めフィナーレで一応シーズン1の事件は解決して、めでたし、めでたし…なんだけど…
次はベッカが誘拐された?! 忽然と車の中から消えたベッカ…そして続く!

しかし放送していたABC TVから残念ながらシリーズ・キャンセルの発表。
フィナーレ撮影時はシーズン2に継続するか否か未定だったので
このような終わり方になったんでしょう…。

ミッド・シーズン(1月~4月)開始の新ドラマの中では
(↑ほとんどシーズン1のみでキャンセルされたドラマが圧倒的に多い中)
視聴率も特に悪くなかったけど、内容としては、よくある話で新鮮味に欠けていたのかな~。
ヨーロッパ・ロケ敢行のUSAドラマは珍しいので、面白かったんだけどな…。
MISSING(ミッシング)…シーズン2続いて欲しかったドラマのひとつです…。








にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]
今日は私の大好きな053.gif

          ショーン・ビーン

          53歳の誕生日067.gif(1959年4月17日生まれ)


私がショーン・ビーンを好きになったのは、いつかな~?
結構ショーンLOVE歴は長いです!

インタビューやトーク・ショーでブリティッシュ・アクセントで話す彼をみる度
ブルブル震えがくるくらいカッコイイ♪

まずやっぱり彼を一躍有名にした作品と言えば…
1990年代にイギリスTVシリーズとして大ヒットした、
ナポレオン戦争時代を背景に、イギリス陸軍の将校リチャード・シャープ
活躍する歴史アクション・ドラマ、
SHARPE シリーズで主人公シャープを演じたショーン、カッコ良過ぎて涙が出た(笑)。
初作 SHARPE'S RIFLES を始め
SHARPE'S ○○としたタイトルの続編がドンドン続くこのシリーズ、
(私が知っているだけで16シリーズかな?)
日本でDVD化された時の邦題”炎の英雄 リチャード・シャープ”が、まさにピッタリ!
このシャープ役で男性ファンも女性ファンも虜にしたショーン。
d0175590_9302686.jpg

        ショーン・ビーンが演じるリチャード・シャープ、美男子だわ~


出演映画は、いっぱいありすぎて…
ショーン・ビーンと言えば、ヒーローでも悪役でも何でも演じるけど
ファンの間では?すぐ死んでしまう(殺されてしまう)キャラクターで有名(笑)。

ハリウッド大作映画で言えば、パトリオット・ゲーム では IRAテロリスト、
007ゴールデン・アイ では 006エージェントながら裏切り者、
ナショナル・トレジャー では、お宝に眼がくらみ、主人公ニコラス・ケイジを裏切るし…
この映画でも、あの映画でも、その後いつも死んじゃう…(笑)。

そしてなんと言っても ロード・オブ・ザ・リング シリーズ のボロミア役のカッコ良さ!
でも、これもリングに眼がくらむ…(笑)。
もうこの3部作を何回観たことか!
↓この下の長髪コンビ2人がいれば、もうそれだけで大満足♪
d0175590_9403824.jpg

    アラゴルン役のヴィゴ・モーテンセン&ボロミア役のショーン・ビーンは永遠にステキ!


ショーンが最後まで死亡せず、且つ悪役でなく、カッコ良かったのは
サスペンス映画 フライト・プラン の機長役。
まぁパイロットの制服と言い、短く切られた髪&無精ヒゲな顔しと言い、その精悍な顔つきは惚れ惚れ♪

他にも出演作品多過ぎて語りきれないな~。

最近では映画 MIRROR MIRROR に、5分だけ!王様役で登場。 詳しくはコチラ→

イギリスで放映されたTVドラマ THE ACCUSED
USAはまだ未放映なので、これから楽しみ♪

大人気ドラマ GAME OF THRONES 詳しくはコチラ→
ショーンはここでも、シーズン1最後で殺害されちゃうけど…コレは原作がそうだから仕方ないよな~。
ショーンが演じたスターク卿は勇敢で威厳があって尊敬される優しい人物だった…。
でも現在観ているシーズン2に彼がいないと寂しい…。

現在USAで放送中の新・犯罪サスペンス・ドラマ MISSING では、
CIAエージェントであり、優しい夫であり、父でありながら、実は裏がある人物を好演のショーン。
ここでも初回開始3分で彼は殺害されるが…
ドラマ MISSING については、近々ブログにアップします♪
↑ 追記: MISSING シーズン1についてのブログ記事はコチラ→

d0175590_9581339.jpg


私生活では4回の結婚・離婚歴があり、私としては、5回めも絶対アル!と思う(笑)。

ショーンにとっては恋愛だけじゃダメなんだろうな~。
結婚と言うカタチが欲しい男性なのよね。←懲りないよね~、全く。 
娘たちは父ショーンのそんな恋愛にどう思っているのかしら?

いつまでもステキな男性ショーン・ビーン、これからもドンドン映画、ドラマに出演して欲しい!






にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
映画 MIRROR MIRROR (原題:ミラー ミラー)


"Mirror, Mirror, on the wall, who is the fairest one of all?"

”鏡よ、鏡よ、鏡さん、この世で一番美しいのは誰?”

誰でも知っているグリム童話、またはディズニー・アニメ?
"SNOW WHITE" ”白雪姫”の実写版映画。

そう言えば、英語では、Mirror, Mirror と2回だけ語りかけるのに
日本語では、鏡よ、鏡よ、鏡さん…と3回なのね~なぜ(笑)?


d0175590_9393093.jpg


配役は…

クレメンティアナ女王(=意地悪な白雪姫の継母)… ジュリア・ロバーツ

スノー・ホワイトこと白雪姫… リリー・コリンズ

アルコット王子… アーミー・ハマー

執事ブライトン… ネイサン・レーン

王様(=女王の夫であり白雪姫の父)… ショーン・ビーン

そして、ユニークな7人の小人たち

d0175590_9482499.jpg

            カッコイイけど…かなり3枚目のアルコット王子


インド出身のターセム・シン監督が描く、この映画は
華やかさ(特に衣装がカラフル)そして踊り、歌が溢れていて
なんとなくインド”ボリウッド”映画的な要素いっぱい!

ストーリーは白雪姫をもとにしているけど、かなりアレンジしていて
毒リンゴや王子&白雪姫のKISSのシーンはオリジナルとは違う点も面白い。

超イジワルで、年の離れた若い王子に色目を使う女王は
大げさな演技で早口で喋り捲るジュリア・ロバーツにピッタリ。

白雪姫も童話やアニメのように、おとなしいばかりではない。
最近のヒロインは強くなきゃね!ってワケで、7人の小人たちに剣さばきを習って
どんどん精神的にも強くなっていくのだった。
小人たちも個性豊かで彼らのセリフが結構笑える。



映画 MIRROR MIRROR
幼稚園の子供も充分楽しめる、お子さま向けファミリー映画!

そんなお子さま向け映画を私が観に行った理由は…

☆ 6月公開の同じく白雪姫を扱った映画 SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN
  と見比べたい…しかしフタを空けてみれば後者の映画は、ダークで大人向けっぽい。
  6月公開の映画の方はイジワル女王役はシャリーズ・セロン、白雪姫はクリステン・スチュワート
  追記:その後、観た映画の感想はコチラ→

☆ 私の好きな俳優が3人出演している↓
d0175590_1052884.jpg

   アーミー・ハマーショーン・ビーン、一人おいてネイサン・レーン

いや~でも想像していた通り、ショーン・ビーンは最後の5分しか登場しないのでした(笑)もぉ。

ちなみに主役のリリー・コリンズは、有名シンガー、フィル・コリンズの娘。

この映画の中の色鮮やかでステキな衣装は日本を代表するデザイナー、石岡瑛子さんが担当しています。
残念ながら映画公開前に今年亡くなった石岡さんを讃え
映画の一番最後に "in memory of Eiko Ishioka" と言葉が捧げられています。






映画 MIRROR MIRROR、日本公開時には邦題はどうなるかな? 
カタカナで”ミラー、ミラー”? まさか”鏡よ、鏡”じゃないよね(笑)。


追記: その後、映画 MIRROR MIRRORの邦題は

白雪姫と鏡の女王に決定しました。



私の採点   ★★★☆☆ (3つ星)



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
d0175590_7442437.jpg


待望のドラマ GAME OF THRONES が今月開始されました!

ゲーム・オブ・スローンズ 第一章 七王国戦記 

まだシーズン1始まって、2回めのエピソードですが
既に来年シーズン2制作も決定しています。

ジョージ・R・R・マーティン原作のファンタジー長編小説
A SONG OF ICE AND FIRE (氷と炎の歌)
第一章GAME OF THRONES (七王国の玉座)のドラマ化です。

A SONG OF ICE AND FIRE (氷と炎の歌)は現在、第四章まで小説化され
第五章は今夏出版予定。 さらに第七章まで続く予定の長い、長いストーリー。

ストーリーをすごく簡単に言うと…
中世ヨーロッパを舞台にした歴史ファンタジー戦記・壮大叙事詩。
題名の通り、王位争奪戦が繰り広げられ(架空の人物設定)、
様々な人間模様&ドロドロの人間関係(とにかく登場人物多い)、
それにまつわる陰謀、ジェラシー、恋愛(不倫、禁断の関係など…)が折り込まれて
観る者を夢中にさせます!


このドラマを放映している高額有料ケーブルTV局HBOは
高水準のドラマ&コメディ・シリーズ、映画を制作することで知られています。
コマーシャルが無いこと(=うるさいスポンサーがいない)、
誰でも視聴可能なネット局と違い視聴者が限られている…と言った理由から
恐いモノ、タブー無し!なので、暴力シーン、ヌード・シーン盛り沢山、
放送禁止用語無しで、何でも?!OKです。

ところで私、このシリーズ小説を全く読んでいないんですよね(笑)。

でも、もともと中世ヨーロッパの話が好きだし、
何と言っても、何十年も昔から?大好きな俳優
ショーン・ビーン主役なので観ています!

このドラマを私と一緒に観ている人が
第一章 ”七王国の玉座”はもちろん、”氷と炎の歌”シリーズを読破しているファンなので
あまりにも多い出演者の複雑な人間関係について、いろいろ質問しながら観賞(笑)。

d0175590_8244350.jpg


一応このドラマで一番名前が知られている、
エダード”ネッド”スターク卿(スターク家の領主)役のショーン・ビーンが主役だけど
出演者が多いからね~ショーンの出演シーンばかり!と言うわけではありません。

ロバート・バラシオン”王”役は、マーク・アディ
映画 THE FULL MONTY (フル・モンティ)で、
デイヴ(憎めないポッチャリ系男性)を演じた俳優です。
他、沢山のイギリス系俳優が出演。


ショーン・ビーン、ファンタジー小説…と聞くと、どうしてもすぐ この役↓
d0175590_833131.jpg


映画 THE LORD OF THE RINGS (ロード・オブ・ザ・リング)
ボロミア役を思い出してしまう。

年を重ねても、長髪、不精ヒゲ、ショーンのカッコ良さは変わらないわ~!

d0175590_8463945.jpg


↑ 一体いつの頃よ?!ってくらいの写真を見つけてしまいました(笑)。
4月17日で、52歳になったショーン・ビーンですが
若い頃は、惚れ惚れするくらい麗しの美男!…もちろん今も、とてもステキだけどネ!



新ドラマ GAME OF THRONES これからますます楽しみです!




にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]