タグ:スーパーナチュラル・SCI-FI映画 ( 19 ) タグの人気記事


THOR: RAGNAROK


マイティ・ソー
バトルロイヤル



アメコミ・スーパー・ヒーロー・アクション映画。


大ヒット・シリーズ 
THOR マイティーソー 

THOR: THE DARK WORLD マイティ・ソー/ダーク・ワールド

に続く第
3段!


以下、ネタバレありません。私の感想のみ。


d0175590_09284152.jpg


1
作め、2作めより、更にコメディ要素が強くなったかな~?と思ったけど
笑えるシーンも迫力ある戦うシーンも楽しめました♪

兄ソー(クリス・ヘムズワース)と弟ロキ(トム・ヒドルストン)との
愛憎まみれる複雑な関係も惹かれる!
なんだかんだ言っても、お互い本心から嫌いになれないし、
お互いを騙しながらも協力する時は一致団結する兄弟。

d0175590_09371926.jpg


マーベル・コミック・シリーズの登場キャラクターで
私の一番大好きな人物はロキ162.png

ロキを演じるトムヒってホント!カッコイイ!

ロキってウソツキで、ヒガミっぽく、ズル賢く、
他人を巧妙に操ろうと企てるし、平気で裏切るし、信用ならない奴だけど、
愛おしくてカワイイんだよね~♪

兄ソーもきっとそう思っているハズ!


ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)、
思っていたより登場シーンが短くて
もっと登場していたら、おもしろかったのにな~。

ソーの姉ヘラを演じるケイト・ブランシェット。
邪悪で美しいヘラ役がピッタリだった。

ルーク、クリス、リアム・ヘムズワース3兄弟の長男ルーク・ヘムズワース
映画の中の舞台劇で“俳優ソー役”を演じていたけど
やっぱりクリスに似ているね~。

マット・デイモンのロキは似ていなかったけど
それはまたそれでおもしろかった。
マットっていろいろな映画やバラエティ番組にカメオ出演して
毎回笑わせてくれる!


マイティ・ソー シリーズ第4段も楽しみ!


私の採点   ★★★★★ (満点5つ星)

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村

ところで、しばらくブログ記事を書いていなかったら
エキサイトブログが勝手に新投稿画面に変更されていて、
フォントも文字の大きさも以前と異なり、
画像ファイルの仕方も変わって使いにくくて困りました。



[PR]
GUARDIANS OF THE GALAXY VOL. 2

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス


マーベル・コミックス原作のアメコミ・ヒーロー・アクション映画。

私の大好きな053.gif
クリス・プラット & ブラッドリー・クーパー(声のみ)が
出演しているシリーズ第2段。

以下、ストーリーには触れていないのでネタバレありません。 私の感想のみを書いています。

d0175590_231129.jpg

宣伝ポスターと同様、映画も“ギャラクシー”が色彩豊かに描かれていてキレイだった。

まぁね~ブラッドリー・クーパーは出演しているといっても
ロケット役で声のみ出演だから、彼のハンサムな姿が全く見えないことは残念だけど(笑)!

でもロケットって凶暴で生意気だけど、強気な性格の裏にチラッと見える弱気な面がカワイイ♪

ベビー・グルートもカワイイ♪

今回は、前回より、更に家族愛がテーマでしたね。

今回は、邪悪なブルーフェイス、ヨンドゥ(マイケル・ルーカー)が特にカッコ良かった!
ヨンドゥとロケット(ブラッドリー・クーパー)が捕らわれの身となっている時の
ベビー・グルート(ヴィン・ディーゼル)を含めた漫才のような会話のシーンと
ヨンドゥとピーター・クイル(クリス・プラット)の心と心を交わす最後のシーンが特に好きだったな~。

d0175590_2373775.jpg

どうかな~? 第1段より、ストーリー内容の対象年齢が低くなったように思えたかも…。

個性が豊かなキャラクターが揃っていて、ソレだけでおもしろいから
私は、もともとそれほど、この作品にストーリー性は求めていないので
ストーリーがさほどおもしろくなくても別にいいかな~(笑)。

観ていて素直に笑えるセリフもあったけど
「観ている者を笑わそう!」と無理に笑いに持っていくようなセリフやアクションがあって
少し気になった。

私の大好きなトミー・フラナガンがタルク役で出演していたけど
2~3のセリフのみの出演だけで寂しかったな~。


最後のクレジットまで、いろんな俳優がカメオ出演していて楽しめた。
第3段も決定しているとのことで楽しみ!


GUARDIANS OF THE GALAXY ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー 第1段

のブログ記事はコチラ→


私の採点   ★★★☆☆ (3つ星)



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
DOCTOR STRANGE XD

ドクター・ストレンジ


マーベル・コミックス原作のアメコミ・スーパーヒーロー・アクション映画!

興行開始3日間で既に爆発的な動員数!USAで大ヒット上映中!

ベネディクト・カンバーバッチ &

私の大好きな053.gifマッツ・ミケルセン共演!


以下、少々のあらすじと私の感想のみを書いています。
ストーリーの詳細については触れていません。

d0175590_2535051.jpg

ドクター・ストレンジこと、
天才脳神経外科医スティーヴン・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)
医師としては凄腕の技術を持つが故に、プライドが高く傲慢な性格。

しかし、あることがキッカケで、両手の神経をズタズタにされたことで、彼の外科医としての運命は?!

最良の治療を求めて、ネパール・カトマンズに向かったドクター・ストレンジは
魔術師のもとで修行をすることになるが、別人となった彼の人生はどう変わる?!

d0175590_2551643.jpg

    ベネディクト・カンバーバッチが演じるドクター・ストレンジのマジック・パワー炸裂!

いやぁ~おもしろかった!


これぞアメリカン・コミックス!魅力的なキャラクターがいっぱい!

今後、シリーズで続編がドンドン製作されるであろう、
ドクター・ストレンジを紹介するプロローグとしては、良く出来た序章だと思う。

d0175590_25643.jpg

       ドクター・ストレンジと戦う魔術師カエシリウス役のマッツ・ミケルセン

やっぱりマッツは悪役を演じると、より輝くな~カッコイイ♪
印象的なアイメイクもすばらしいけど(笑)ポニーテール姿がこれまたステキ!

カンバーバッチもミケルセンも、とっても楽しんでキャラクターを演じている様子が
スクリーンを通して感じられました。
彼らがフッと口にするシニカルなジョークが結構笑える!


そして実は…今からもう1年後が楽しみ!

USAでは来年11月に THOR: RAGNAROK が劇場公開予定。

カンバーバッチ演じるドクター・ストレンジ
ソー(クリス・ヘムズワース)、ロキ(トム・ヒドルストン)が共演!早く観たい!



ベネディクト・カンバーバッチ主演の映画 ドクター・ストレンジ は日本では来年1月公開予定。


私の採点   ★★★★☆ (4つ星)


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
SUICIDE SQUAD

スーサイド・スクワッド

DC コミックスのアンチ・ヒーローが集結したアクション映画!

刑務所に服役中の凶暴な悪い奴らを活用して、さらに悪い奴らを叩きのめそう!という米国政府。
政府に減刑を約束されて、渋々そのアイデアに賛同して戦うアンチ・ヒーローたちを描いた作品。


以下、ストーリーのネタバレはありません。私の感想のみを書いています。

d0175590_99426.jpg

この映画を観よう!と思ったキッカケは私の大好きな俳優が2人出演しているから!

d0175590_9112930.jpg

まずはリック・フラッグ大佐役のジョエル・キナマン053.gif

スーサイド・スクワッドをまとめる政府から派遣されたリーダー。
だから“悪い奴”ではありません。
キナマンって身長190cm近いから戦う姿がサマになってカッコイイんだわ~。

d0175590_9121371.jpg

そしてジョーカー役のジャレッド・レト053.gif

映画 DALLAS BUYERS CLUB ダラス・バイヤーズ・クラブ の熱演で
(この映画のブログ記事はコチラ→
アカデミー賞最優秀助演男優賞に輝いたことは記憶に新しい!

ジャレッドはTVインタビューで
ダラス・バイヤーズ・クラブのトランスジェンダー役と同じく、ジョーカー役でも
①眉毛を剃る ②全身の毛も剃ってワックスでツルツルにする ③口紅を塗る
この3点を実行したことで
「2作品続けて、この3ツを実行したのは俳優の中でもきっと僕だけだ~!」と笑っていました。

USAで、映画 SUICIDE SQUAD スーサイド・スクワッド
いろんな媒体で宣伝されてから1年近くになるけど
どちらかと言えば、ずっと“ジョーカー”が中心に大々的に宣伝されていたんですよ。
だから当然、ジャレッドのファンとしては
「ぶっち切れたジャレッド版ジョーカーがいっぱい観れる!」と楽しみにしていたら…
ジョーカーはスクワッド・メンバーとは別行動だから登場シーンが少なかった!
でも、思いっ切りハジケてブッチ切れたジョーカーで良かった!
本当はジョーカーのシーンは沢山撮影したけど、編集段階でかなりカットされてしまったそうで
残念極まりないったら!

「不必要に多いジューン・ムーン(エンチャントレス)役のカーラ・デルヴィーニュのシーンを削って
もっとジョーカーのシーンを増やすべきだった!」と語っていた評論家がいたけど、激しく同意するわ。

d0175590_920266.jpg

   リック・フラッグ役のジョエル・キナマン & ハーレイ・クイン役のマーゴット・ロビー

映画 SUICIDE SQUAD スーサイド・スクワッド を観て一番良かった点は…

マーゴット・ロビーが演じるハーレイ・クイン
とってもカワイイこと!

自由奔放なサイコパスでクレイジーで恐ろしい性格だけど、ジョーカーを一途に想う乙女心がカワイイ。
オバカな発言も仕草もハジケっぱなしな行動もすべてがキュート!
マーゴットはハーレイ役を演じていて楽しかっただろうな~。

次はジョーカーとハーレイ・クインがメインのスピンオフを製作して欲しいくらい!
とっても気に入ったキャラクターでした♪


ストーリーは全く筋道が立っていなくてナンセンス(笑)。 
しかし、映画ポスターから分かるように
ポップでカラフルでキッチュなビュジュアル面はとても楽しめました♪


SUICIDE SQUAD スーサイド・スクワッド は日本では9月公開予定。



私の採点   ★★★☆☆ (3つ星)



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
HIGH - RISE ハイライズ


同名SF小説をもとに製作された、
愛しのトム・ヒドルストン053.gif主演の
“極限状態に陥った人間の狂気”を描いた奇妙なSFミステリー・ドラマ。

他にも…ジェレミー・アイアンズ
ジェームズ・ピュアフォイ
ルーク・エヴァンズ…など
私が大好きなイギリス、ウェールズ出身の俳優がたくさん出演しています♪

以下、あらすじ少しだけ&私の感想を書いています。
ストーリーの大きなネタバレなし。

d0175590_1345672.jpg

ストーリーは…
1970年代、不思議な構造のSF近未来っぽい高層ビル=富裕層が暮らす高層コンドミニアムを舞台に
そこに暮らすリッチな人々の派手な暮らしぶりが描かれていく。
次第に、ビルの構造に欠陥が見え始め、だんだんとその生活は破綻して
住民たちは対立してコンドミニアムは無秩序化していく…。

d0175590_1364531.jpg

もともとUSAでは、大都市のみ1週間限定の少数規模の劇場公開…と同時に
いきなりAmazonネット配信開始されてしまう…ということで
“あ~内容が今ヒトツなんだろうな~。”と推測していたから
さほど内容に期待もしていなかったけど、思ったよりも私にはピンと来なかった作品。

ズバリ私のこの映画の感想を述べてしまえば、作品自体は好きではありませんでした(笑)。

しかし鑑賞前から、
スタイリッシュなスーツ姿の医者役のトム・ヒドルストン(以下、トムヒ)がとにかくカッコイイ!
トムヒの見事な裸体も見れる!
トムヒのセクシーなシーンもイッパイ♪
と、耳にしていたけど…ソレはホントでした(笑)!

YouTube などで紹介されているように
ダンスが得意で有名なトムヒのリズム感あふれるダンス・シーンもあって
トムヒ・ファンであれば、この映画を観ても後悔しないでしょう(笑)!

私も今後、この映画がTVで放送された際には
トムヒのシーンだけ早送りして再度観ると思います(笑)♪

d0175590_1401118.jpg

しかし、英国出身の男優は米国出身の男優と比較すると
“全裸ヌード”に抵抗がない人が多いですね~。
トムヒと言い、チャーリー・ハナムと言い、
惜し気もなく、すぐスッポンポンになって脱ぎっぷりがイイ(笑)。
ファンとしてはうれしい限りだけど(笑)。

プラス、この映画は、ルーク・エヴァンズのファンも喜ぶようなシーンが多いかも!
70年代風の衣装を着て、セミロング・ヘアー&もみあげという風貌で
エキセントリックな性格のルークの役柄に妙に中毒になってしまうかも(笑)!


私は、フィクションと分かっていても、動物、特に犬を虐待するストーリーは好きではありません。 
この映画は結構、グロテスク且つバイオレントな内容で
人間同士の争いごとは気にならない私も
この映画に出て来る犬への仕打ちが許せないんですよね。
まぁ作品としては、極限状態に陥った人間は、かわいがっていた犬までも虐待してしまう…
といったことを言いたかったのかな。

セクシーでカッコイイ♪トムヒを観たいために観た!そして観れた!それだけでヨシとするかな~。


映画 HIGH – RISE ハイライズ は日本では8月公開予定。


ストーリーの内容的には★★☆☆☆ (2つ星)だけど
★の数がヒトツ多いのはトム・ヒドルストンがカッコ良かったから(笑)。


私の採点   ★★★☆☆ (3つ星)



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
AVENGERS: AGE OF ULTRON

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン


USAでは2012年5月に劇場公開された THE AVENGERS アベンジャーズ の続編。 
そのブログ記事はコチラ→

前作に引き続き、スマッシュ・ヒット確実!
公開から3日間の興行成績も既に驚くべき数字!
公開3日め(日)朝一番に映画館ヘ行ったけど、すごい混雑でした。

前作 THE AVENGERS アベンジャーズ も豪華な出演者勢揃いだったけど
今回は更に前回を上回る豪華さ♪

以下、ストーリーのあらすじには触れていません。

d0175590_6402749.jpg

アイアン・マン=トニー・スターク(ロバート・ダウニー・JR)
キャプテン・アメリカ=スティーヴ・ロジャース(クリス・エヴァンス)
ソー(クリス・ヘムズワース)
ハルク=ブルース・バナー(マーク・ラファロ)
ホークアイ=クリント・バートン(ジェレミー・レナー)
ブラック・ウィドウ=ナターシャ・ロマノフ(スカーレット・ヨハンソン)
…という“アベンジャーズ”陣はもちろん、
ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)など、お馴染みの顔ぶれもいっぱい!

残念なことは…
ソーとは血の繋がらない兄弟で私の大好きなキャラクター♪ロキ(トム・ヒドルストン)
今回は出演していないこと!前作は出演したのに~寂しいな!


AVENGERS: AGE OF ULTRON アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン
気になったキャラクター TOP3 は…

d0175590_6455614.jpg

☆ バロン・フォン・ストラッカー(トーマス・クレッチマン)
私の大好きな♪トーマス・クレッチマンが冒頭シーンで登場してうれしかったわ~。
もっと登場シーンが多ければさらに良かったのに!
ドイツ出身のクレッチマンはハリウッド製作の映画やドラマだと
どうしても悪役とか嫌な性格な奴ばかり演じているんだよね~。

☆ J.A.R.V.I.S / ヴィジョン(ポール・ベタニー)
顔に真っ赤なペイントを施しているけど、ポールと分かるその姿。 
身長190cmと高くてスラ~ッとしてアンドロイド役にピッタリだと思う。

☆ ウルトロン(ジェームズ・スペイダー)
人工知能ウルトロン役だから声のみ出演が当たり前だけど…
ジェームズの素顔が全く見れないのは残念だった~。
坊主姿のまま登場してくれても良かったのに(笑)! 
不気味で憎々しいけどチャーミングにも聞こえるジェームズの声って好き。
眼を閉じて聞いていると、エコーがかかっているとは言え、
THE BLACKLIST ブラックリストレイモンド“レッド”レディントン役を思い出してしまう(笑)。
あの役も頭脳明晰で大胆不敵な役だしね。


まぁ~ストーリーは前作 THE AVENGERS アベンジャーズ のほうがおもしろかったかな~。
何度も笑いの対象となるソーの武器ハンマーに関するジョークには笑いました♪
当然、数年後にはまた続々編が製作されるでしょう!楽しみだ~♪


私の採点   ★★★☆☆ (3つ星)


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
GUARDIANS OF THE GALAXY

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー


マーベル・コミックス原作のアメコミ・ヒーロー・アクション映画。

今夏USAで大ヒット上映中!

以下、ストーリーについて触れていないのでネタバレもナシ。

キャラクターと俳優の紹介と私の感想です!

d0175590_97075.jpg

なんてたってこの映画!
私の大好きなブラッドリー・クーパークリス・プラットが出演しているんだから
それだけで(笑)大喜び♪

d0175590_911306.jpg


ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの5人とは…

☆ ピーター・クイル(スター・ロード)… クリス・プラット
ユーモアあって♪行動力あって♪クリスにピッタリのヒーロー像。

☆ ロケット(ラクーン)… ブラッドリー・クーパー(声)
凄まじくオシャベリで賢く生意気で度胸あふれる武装アライグマ。
当たり前だけど(笑)残念ながらブラッドリー本人は声のみ出演で1度も姿を見せません!

☆ グルート(大きく高い樹木)… ヴィン・ディーゼル(声)
心優しい巨人ならぬ巨木。 生意気なロケットの良き相棒。
「私はグルート。」「私たちはグルート。」としか言わない(笑)。
数々のアクション映画で、その勇姿がお馴染みのヴィンだけど、これまた声のみ出演で姿を見せない。

☆ ガモーラ … ゾーイ・サルダナ
全身グリーン・カラーの勝気な武闘派で紅一点。

☆ ドラックス(ザ・デストロイヤー)… デイヴ・バウティスタ
荒い性格でパワーみなぎる巨人。
さすが本当のプロレスラーだけあってかなり鍛えられた肉体。


ピーター役のクリス・プラットは、日本での知名度はそれほど高くないと思うけど
USAではシーズン7を迎える大人気TVコメディ PARKS AND RECREATION での
レギュラー出演で知られています。
最近の映画では ZERO DARK THIRTY ゼロ・ダーク・サーティー にも出演していました。
詳細はコチラ→
クリスは身長188cmと高く、少し太めのポッチャリした体格と愛嬌のある顔、
TVトーク・ショー出演の際のオチャメな性格、
抜群のコメディ・センスが光る俳優だけど
今回ヒーロー役を演じるということで専用トレーナーをつけて
驚くほど立派な筋肉質の体格に豹変!カッコイイ~♪

d0175590_932689.jpg

悪役
☆ ローナン・ザ・アキュザー … リーペイス
非情な悪役を演じるリーは、ブルー・カラーの顔と全身が甲冑で覆われ、被りモノが大きくて
一瞬「誰よ?」と思うけど(笑)、
そのディープ・ボイスは健在で、すぐ「リー・ペイスだっ!」と分かります。
映画 THE HOBBIT ホビット シリーズのスランドゥイル役でお馴染みのリー。
詳細はコチラ→


…ということで“素顔”で出演している俳優はクリス・プラット含め少数で
外見上、皆かなり別人に成りきっています。

今回の映画は、出身も性格も全く異なるこの5人が紆余曲折の末、一致団結して
“ガーディアンズ”として闘う“序章”のような第1作で、既にシリーズ化も決定。

d0175590_9384382.jpg

今回はそのハンサムな顔を全く見ることができず!声のみ出演のブラッドリー・クーパー

日本語吹き替え版では
ブラッドリー・クーパー扮するオシャベリなアライグマ・ロケットのセリフの面白さが伝わらないので
ファンの方もそうでない方も是非、字幕版をどうぞ!

採点はストーリー的には★★★だけど
ピーター役がクリスにピッタリ!だったことと
ブラッドリーが声のみ出演のアライグマ役という非常に斬新なアイデアがおもしろかった!ので
★★★★にしました。



GUARDIANS OF THE GALAXY ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー 日本では9月公開。



私の採点   ★★★★☆(4つ星)



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
アメコミ・スーパー・ヒーロー・アクション3D映画

THOR: THE DARK WORLD

マイティ・ソー/ダーク・ワールド

大ヒット映画 THOR マイティ・ソー の続編


USAにての劇場公開2日めに足を運んだので、もう1ヶ月前に鑑賞しているこの映画、
ブログ記事を書くことが遅れてしまいました。

以下、あらすじ少し&私の感想のみで、ストーリーのネタバレありません。

d0175590_930415.jpg

第1作め マイティ・ソー から2年後の設定。

今回は、ソー(クリス・ヘムズワース)の故郷“アスガルド”と
お互い恋心抱くジェーン(ナタリー・ポートマン)が暮らすイギリス・ロンドンが舞台。

“アスガルド”への復讐心で煮えたぎる邪悪なマレキス(クリストファー・エクルストン)率いる、
ダーク・エルフ軍団に、故郷を壊滅させられそうな危機に陥るソーが
血の繋がらない弟=宿敵ロキ(トム・ヒドルストン)と手を組み、祖国のために立ち向かうが…
今までずっと牢屋に閉じ込められ、ソーに対して憎しみいっぱい尋常ならぬ敵対心を抱くロキが
”そう簡単にソーと一緒に戦うわけがない!”ところがポイント!

「オマエを信用できない!」とロキに言うソー。
「俺の“激怒”を信用しろ!」とソーに言うロキ。

d0175590_9323491.jpg

私的には、アメコミはヒーローよりも“どれだけ悪役が憎らしくもカッコイイか!”がポイントのヒトツ。
だから主人公ソーより断然!悪役ロキのほうが魅力的で惹かれてしまう♪

今回の場合、自分にとっては本来の悪役マレキスはどうでもよく(笑)、
ロキの憎たらしいほどのカッコ良さったら♪
もう~個人的にはハート053.gifバクバク鳴ってキャ~キャ~叫びたいくらい(笑)。

友人の多いソーに比べて、ひとりぼっちのロキ、
辛辣なジョークを言っては相手に煙たがれるが、本当は心に傷を負っている寂しがり屋、
でも少しでもロキに対して同情したり心を許したりしたら
そこはサイコパスのロキのことだから、痛い眼に合うこと確実。


当然、ストーリーは完結せずに
「エ~ッ!早く続きが観たい!」とワクワクするシーンで次作に続きます!

そしてもちろん!マーベル・コミック作品の映画では毎回楽しみな♪
出演者や製作関係者の名前が紹介されたテロップ終了後の“カメオ”の登場シーン。
今回のオマケ予告編は「エ~ッ!あの人が次回出演するの?!」と楽しみ倍増。

個人的には、ソー&ジェーンのティーンのような恋愛関係は退屈だし
マキレスも悪役としてそれほど恐い存在ではないけど
とにかくロキに関するストーリーがおもしろい。

もともとソー役のオーディションを受けて落ちて、ロキ役に抜擢されたトム・ヒドルストン。
今やトム以外にロキ役は思い浮かばないな~。
本来のクルクル巻き毛の茶髪より、ロキ役の黒いダークな長髪のほうが似合っているくらいだわ。

雑誌 Entertainment Weekly いわく
“ロキ役のトム・ヒドルストンを観るだけで、この映画を観る価値がある!”に100%同意!
だから以下の採点になりました。


映画 マイティ・ソー/ダーク・ワールド 日本では2014年2月公開予定。



私の採点   ★★★★☆ (4つ星)



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
PACIFIC RIM  パシフィック・リム


SF映画も怪獣映画も好きなジャンルの映画ではないのに
なぜ パシフィック・リム を観に行ったかと言えば…理由はただヒトツ! 

大好きな053.gifチャーリー・ハナムが主役だから!

あの人もこの人も好き!…あまりにも大好きな欧米俳優がいっぱいるけど
中でもチャーリー・ハナムは常に私の大好きな俳優TOP5に入る俳優♪

チャーリー・ハナムの詳細についてはコチラ→

以下、ストーリーのネタバレはありません。

d0175590_8173393.jpg


凶暴で人類を破滅するKAIJU(怪獣)
それに立ち向かう正義の味方JAEGER(イェーガー)の戦いがメイン・テーマ。

英語のセリフの中で”MONSTER!(モンスター!)”ではなく
”KAIJU! KAIJU!(怪獣!かいじゅう!)”と連呼されると、なぜか微笑ましい。

しかし怪獣もイェーガーもとてつもなく巨大なのだった(笑)。

あれじゃ~重過ぎてデカ過ぎて素早く動けないよな~!とか
あんな破壊の仕方は変だろう?とか
アレで死んじゃうの?とか、ソレでも死なないのか?など
いろいろ疑問あるけど…イイんです、娯楽作品なんだから!

d0175590_824458.jpg


チャーリー・ハナム演じるラリー・ベケットは、かつて挫折も経験したイェーガーの若きパイロット。
ラリーの兄ヤンシーには HOMELANDマイク役で知られるディエゴ・クラッテンホフ
う~んハンサムな兄弟じゃないか~(笑)!

そしてギレルモ・デル・トロ監督作品に欠かせないと言えば…ロン・パールマン
チャーリーとも SONS OF ANARCHY サン・オブ・アナーキー をはじめ沢山の作品で共演。
ハンニバル・チャウ役パールマンったら出演シーンは少ないけど
”もぉ~あなた印象強過ぎる!”と相変わらずの存在感!

d0175590_8271359.jpg

パイロットの衣装は着るのに30分、脱ぐのに30分かかって毎回大変だった~!とチャーリー・ハナム

映画 パシフィック・リム でチャーリー・ハナムの魅力全開か?と言えば…
やっぱり物足りないかな~。
チャーリーの魅力は SONS OF ANARCHY サン・オブ・アナーキー の
ジャックス・テイラー役でこそ存分味わえる!

d0175590_8361090.jpg

     チャーリー・ハナムの魅力開花!のハード・ボイルド・ドラマ サン・オブ・アナーキー

SONS OF ANARCHY
”銃器、ドラッグ違法販売、人殺しも刑務所入りも数え切れないほどの悪人だけど
惚れた女性にはとことん優しい”ジャックス役とは180度違う今回のラリー役。
なにしろイェーガーのパイロットでクリーンなヒーローだからな~。 
どちらの役も戦う姿はカッコイイし、鍛えられた肉体バッチリ見れるので(笑)
ファンとしてはうれしいことに変わりはない♪

最後に…ラリーと一緒にイェガーに搭乗する研修生パイロットのマコ・モリ役の菊地凛子
いいな~チャーリー・ハナムと共演シーンが多くて! 
恋愛映画じゃなくて良かった!これでイチャイチャされたらジェラシー☆メラメラな私なのでした(笑)。

チャーリーは現在、USAで今秋放送開始の 
SONS OF ANARCHY サン・オブ・アナーキー シーズン6 の撮影中で多忙だから
映画の宣伝で来日できないんだよね~。
でもコレで日本でもUSA並みにハナム人気爆発して欲しいな~!



私の採点   ★★★☆☆ (3つ星)




にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
IRON MAN 3  アイアンマン3


世界中で大ヒット中!USAでも初日3日間の興行成績歴代2位に躍り出た映画。

ちなみに初日3日間全米興行成績歴代1位は…同じマーベル・コミック・シリーズ
アイアンマンも大活躍する THE AVENGERS アベンジャーズ(私の感想はコチラ→

d0175590_6495989.jpg


ジョークばかり言って自信満々の大富豪実業家であり発明家、
トニー・スターク=アイアンマン(ロバート・ダウニー・JR)
不安障害を抱え動悸を抑え切れずパニックに陥りながらも悪い奴らと戦う今シリーズ。

映画”アイアンマン・シリーズ”が、ここまで”おもしろい!”と感じるのは
ロバート・ダウニー・JRがトニー・スタークを演じているからこそ!だと思う。

素顔でトーク・ショーに出演しているときも、
いつもウィットに富み、自虐ネタはもちろん、自然に人を笑わせるキャラクターのロバートは
トニー・スターク役にピッタリ!

他のヒーローと違って自分の身分を偽らず「俺はアイアンマンだよ!」と
トニーが世間に堂々と公表しているところも私がアイアンマンの好きなところ!

今回はトニーの友人でヒーロー仲間の
ジェームズ・ローディ中佐=アイアン・パトリオット役のドン・チードルの出番も多くて
そのコンビぶりが楽しめたし、
悪役アルドリッチ・キリアンを演じるガイ・ピアースの嫉妬深い憎々しさも良かった!
しかし何と言ってもマンダリン役のベン・キングスレーの滑稽さは
もうパチパチ拍手するほど、すばらしい。
すっかり騙されちゃったよ(笑)マンダリン(=トレヴァー)ったら!


映画の最後の最後すべてのテロップが流れ終わった後の
いつものお楽しみ”誰が出て来るかな~?!”シーンも、うれしかった!

満席の映画館中、笑いであふれた IRON MAN 3 アイアンマン3 文句なく楽しめました。

ずっと一生?!トニー・スタークをロバート・ダウニー・JRに演じて欲しいな~彼以外考えられない!




私の採点   ★★★★★ (満点5つ星)




にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]