タグ:トム・ヒドルストン ( 6 ) タグの人気記事

HIGH - RISE ハイライズ


同名SF小説をもとに製作された、
愛しのトム・ヒドルストンemoticon-0152-heart.gif主演の
“極限状態に陥った人間の狂気”を描いた奇妙なSFミステリー・ドラマ。

他にも…ジェレミー・アイアンズ
ジェームズ・ピュアフォイ
ルーク・エヴァンズ…など
私が大好きなイギリス、ウェールズ出身の俳優がたくさん出演しています♪

以下、あらすじ少しだけ&私の感想を書いています。
ストーリーの大きなネタバレなし。

d0175590_1345672.jpg

ストーリーは…
1970年代、不思議な構造のSF近未来っぽい高層ビル=富裕層が暮らす高層コンドミニアムを舞台に
そこに暮らすリッチな人々の派手な暮らしぶりが描かれていく。
次第に、ビルの構造に欠陥が見え始め、だんだんとその生活は破綻して
住民たちは対立してコンドミニアムは無秩序化していく…。

d0175590_1364531.jpg

もともとUSAでは、大都市のみ1週間限定の少数規模の劇場公開…と同時に
いきなりAmazonネット配信開始されてしまう…ということで
“あ~内容が今ヒトツなんだろうな~。”と推測していたから
さほど内容に期待もしていなかったけど、思ったよりも私にはピンと来なかった作品。

ズバリ私のこの映画の感想を述べてしまえば、作品自体は好きではありませんでした(笑)。

しかし鑑賞前から、
スタイリッシュなスーツ姿の医者役のトム・ヒドルストン(以下、トムヒ)がとにかくカッコイイ!
トムヒの見事な裸体も見れる!
トムヒのセクシーなシーンもイッパイ♪
と、耳にしていたけど…ソレはホントでした(笑)!

YouTube などで紹介されているように
ダンスが得意で有名なトムヒのリズム感あふれるダンス・シーンもあって
トムヒ・ファンであれば、この映画を観ても後悔しないでしょう(笑)!

私も今後、この映画がTVで放送された際には
トムヒのシーンだけ早送りして再度観ると思います(笑)♪

d0175590_1401118.jpg

しかし、英国出身の男優は米国出身の男優と比較すると
“全裸ヌード”に抵抗がない人が多いですね~。
トムヒと言い、チャーリー・ハナムと言い、
惜し気もなく、すぐスッポンポンになって脱ぎっぷりがイイ(笑)。
ファンとしてはうれしい限りだけど(笑)。

プラス、この映画は、ルーク・エヴァンズのファンも喜ぶようなシーンが多いかも!
70年代風の衣装を着て、セミロング・ヘアー&もみあげという風貌で
エキセントリックな性格のルークの役柄に妙に中毒になってしまうかも(笑)!


私は、フィクションと分かっていても、動物、特に犬を虐待するストーリーは好きではありません。 
この映画は結構、グロテスク且つバイオレントな内容で
人間同士の争いごとは気にならない私も
この映画に出て来る犬への仕打ちが許せないんですよね。
まぁ作品としては、極限状態に陥った人間は、かわいがっていた犬までも虐待してしまう…
といったことを言いたかったのかな。

セクシーでカッコイイ♪トムヒを観たいために観た!そして観れた!それだけでヨシとするかな~。


映画 HIGH – RISE ハイライズ は日本では8月公開予定。


ストーリーの内容的には★★☆☆☆ (2つ星)だけど
★の数がヒトツ多いのはトム・ヒドルストンがカッコ良かったから(笑)。


私の採点   ★★★☆☆ (3つ星)



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
2015年度にUSAにて劇場公開された新作映画を対象としています。

TV製作映画 、 DVDスルー映画、ネット配信映画は対象外。

以下、特に印象に残った3作品です。

2015年全米公開映画 私の選ぶトップ3

(2015年度公開日時順で紹介、順位は不同)

d0175590_5412495.jpg

☆ CRIMSON PEAK クリムゾン・ピーク

イギリス・ビクトリア朝後期のコスチューム劇+ゴシック+ファンタジー+
ロマンス+セクシュアリティ+ホラー+スリラー+ゴースト要素がタップリ楽しめる作品♪

トム・ヒドルストン&チャーリー・ハナムという
私の大好きな俳優が共演!

クリムゾン・ピーク=深紅の山頂。
寒い真冬に深雪と赤粘土が交わるコントラストが不気味ながらも非常に美しい。
ゴシック衣装の美しさ、建造物や装飾品の豪華さ、映像がとにかくキレイ。

残念ながら!ハナムの本来の魅力は、この映画では活かされていません!
コレは多大なる不満(笑)。
しかし何といっても!トムヒがクラクラっと“めまい”するほど(笑)カッコイイ♪

この映画を観た感想(ネタバレなし)&
トムヒ&ハナムの魅力について私が語っている過去記事はコチラ→

d0175590_5484370.jpg

☆ LABYRINTH OF LIES
 
  IM LABYRINTH DES SCHWEIGENS

  顔のないヒトラーたち

歴史ヒューマン・ドラマ・ドイツ映画。

第二次世界大戦が終了して13年経った1958年、当時東西が分裂していた西ドイツが舞台。

戦争中にアウシュヴィッツ強制収容所に収監され、
戦後、生き延びて西ドイツに暮らしているユダヤ系ドイツ人が
偶然にも街中で、収容所でナチス親衛隊員として任務していた人物に出会う。
しかし、その男性は、“過去を隠して”身分も名前も偽り、小学校の教師として働いていたのだった。

前途多難な問題を山ほど抱えながらも、検察側が裁判を起こすまでの過程を描いたシリアスなストーリー。

非常に内容が濃く、観ている者に、戦争について多くのことを問題提起する、すばらしい映画。

この映画を観た感想(ネタバレなし)について私が語っている過去記事はコチラ→

この映画のストーリーが秀逸なことはもちろん、
注目すべきは…主役の検事ヨハンを演じるドイツ出身の若手俳優(上記写真)

アレクサンダー・フェーリング!

アレクサンダーは、CIA vs テロリストの戦いを描く米国ドラマ HOMELAND シーズン5
キャリー・マティソン(クレア・デインズ)のドイツ人のボーイフレンド、
ヨナス役でレギュラー出演しています。

ドイツ若手俳優の期待の星、アレクサンダー・フェーリング!カッコイイんだな~とっても♪


ドイツ語訛りの少ないキレイな英語を話す彼には
今後もさらに飛躍して英語圏でも活躍して欲しいです♪

d0175590_5575249.jpg

☆ SPOTLIGHT
 
  スポットライト 世紀のスクープ

シリアスな実話ジャーナリズム映画の傑作!

アカデミー賞作品賞、監督賞、脚本賞、編集賞、
助演男優賞(マーク・ラファロ)、助演女優賞(レイチェル・マクアダムス)

6部門にノミネートされています。

追記: SPOTLIGHT  スポットライト 世紀のスクープ
アカデミー賞 最優秀作品賞、最優秀脚本賞に輝きました!

アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン・カトリック司教区の神父が過去数十年に渡り、
未成年者に性的虐待を行ってきていたこと、それに関する訴訟事件のことが
2001年における新聞記者の取材をもとに、初めて全世界に知られることとなる。
その注目記事(=スポットライト)が掲載される過程を描いた作品。

“彼らこそが本当のジャーナリストだ!”という手本のような実在の新聞記者たちが
事件を取材するにあたって、真摯に取り組み奮闘していく姿が非常によく描かれています。

この映画を観た感想(ネタバレなし)について私が語っている過去記事はコチラ→


2016年もたくさん映画鑑賞をしたいと思います!



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
CRIMSON PEAK

クリムゾン・ピーク


ゴシック、ファンタジー、ホラー、スリラー、ゴースト、ロマンス、セクシュアリティ…
と言った要素がいっぱいの映画。

普段、ファンタジー、ホラー、ゴーストといったジャンルの映画に限って言えば
私の好きなジャンルではないので、まずほとんど観ないけど
今回は、ソレにプラス、スリラー、ゴシック、ロマンス、ビクトリア朝後期の時代劇…と言った要素が
プラスされるので、それらのジャンルは好きだから観に行きました。

そして何と言っても!
チャーリー・ハナム & トム・ヒドルストンという
私の大好きなemoticon-0152-heart.gif英国俳優2人が共演!と言うことで
この映画の劇場公開前から、それは!それは!楽しみにしていました♪


以下、ストーリーのネタバレはありません。

あらすじ少し&私の感想と
どれだけチャーリー・ハナム(以下、ハナム) & トム・ヒドルストン(以下、トムヒ)がステキだったか♪
を書いています!

d0175590_5245552.jpg

CRIMSON PEAK クリムゾン・ピーク…“深紅の山頂”の言葉通り、
赤粘土に覆われた大地がストーリーの鍵を握っています。

イギリスの田舎にそびえ建つ古くて不気味な大邸宅と
静寂の中にもどこか不穏な空気が漂う田舎の風景、
寒い真冬に積もる雪と、赤粘土が交わる光景は
まるで真っ白なシーツと鮮血のようで
その美しさと不気味さにビジュアル的にも眼を奪われる作品!

ダークなホラー・ストーリーに
ビクトリア朝時代のコスチュームの美しさ、建造物や装飾品の豪華さ、映像がとにかくキレイ!

ストーリーは…1890年頃、
シャイな性格だが作家としての野心は誰よりもあるイーディス(ミア・ワシコウスカ)
ミステリアスでハンサム、そして優しいトーマス(トム・ヒドルストン)と知り合い、
お互いに惹かれあっていく。
しかしトーマスと彼の姉ルシール(ジェシカ・チャステイン)には誰にも言えないダークな秘密があり
トーマスがイーディスに接近することには深い理由があった…。

ジェシカ・チャステインも私が好きな女優の1人だけど
今回の氷のように冷たい女性の役、なかなか良かったです。

ストーリーはそれほど複雑ではなく、最後の展開も予想できるけど、それでも充分楽しめました!

d0175590_5281878.jpg

しかしトムヒは現代劇よりコスチュームを纏った時代劇が似合うな~!とつくづく思った。
そして今回のような役や THOR マイティ・ソー シリーズのロキ役のような
愛に迷走して屈折した性格の役がピッタリ。

d0175590_5303584.jpg

チャーリー・ハナムが演じるアランは、小さい頃からイーディスと仲良く
イーディスの家族を診察しているドクターで、正統派で非の打ちどころがないほどジェントルマン。
だけどやっぱり女性は、どこか影があって謎めいた男性に惹かれちゃうのよ~♪
…って、この映画の場合はトムヒの役ですね!

ハナムの役柄はカッコイイことは確かなんだけど!
今回は残念ながら…
完全にトムヒに美味しいところを全部取られて、お株を奪われてしまったね~ハナム!
って感じかな~。
2人も大好きな私としてはファンとして複雑な心境です(笑)。

d0175590_537927.jpg

トム・ヒドルストンの魅力全開!
彼の放つセクシーなオーラ、
心の奥から痺れる彼の声から発せられるセリフのヒトツ、ヒトツに耳を傾け、
ラブ・シーンにウットリする♪どころじゃなくて、もう完全に心を奪われトムヒの虜になってしまった~。

トーク・ショーに出演したトムヒいわく…
ベッド・シーンの撮影中に
ギレルモ・デル・トロ監督に「さぁ~キミが脱ぐ時間となったよ~!」と言われて
「女優のヌード・シーンは多いけど、
男優だって女優と同じくバランス良くヌード・シーンも多くあるべき!」と考えて
「ヨシッ!と思って全裸になった!」そうです。

そして、女性ファンの間で大きく話題となっているその全裸ラブ・シーンでは

トムヒったら惜しげもなく美しい裸のお尻を見せてくれて、「キャ~!」(笑)。

チャーリー・ハナムの美しい裸のお尻は今回なかったけど(笑)、
SONS OF ANARCHY サン・オブ・アナーキー のジャックス役で何回も観ているからね♪

しかしトムヒの裸のお尻が観れるとは思わなかった(笑)。
統計を取ったワケでもないけど(笑)
米国出身の俳優より英国出身の俳優は本当に皆、脱ぎっぷりが大胆ですよね~。


ゴシック・ホラー・ロマンス映画 クリムゾン・ピーク は日本では来年1月公開予定。

日本でのこの映画のレイティングは「R15+」みたいですね。
そこまでの厳しいレイティングにするほどではないと思うけどな~。
日本ではトムヒのお尻の割れ目にはボカシが入るのかな?!
もしそんなことしたら芸術性が台無しだわ。
官能的でとても美しいラブ・シーンなのに!

ちなみにUSAではこの映画に限らず、
劇場映画公開で裸に関する“ボカシ・モザイク・黒塗り”処理は一切ありません。

トム・ヒドルストンのファンが更に増えること間違いナシ!の映画 クリムゾン・ピーク!
私は公開2週間めで既に2回も観に行きました(笑)!


私の採点   ★★★★★ (満点5つ星)


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
アメコミ・スーパー・ヒーロー・アクション3D映画

THOR: THE DARK WORLD

マイティ・ソー/ダーク・ワールド

大ヒット映画 THOR マイティ・ソー の続編


USAにての劇場公開2日めに足を運んだので、もう1ヶ月前に鑑賞しているこの映画、
ブログ記事を書くことが遅れてしまいました。

以下、あらすじ少し&私の感想のみで、ストーリーのネタバレありません。

d0175590_930415.jpg

第1作め マイティ・ソー から2年後の設定。

今回は、ソー(クリス・ヘムズワース)の故郷“アスガルド”と
お互い恋心抱くジェーン(ナタリー・ポートマン)が暮らすイギリス・ロンドンが舞台。

“アスガルド”への復讐心で煮えたぎる邪悪なマレキス(クリストファー・エクルストン)率いる、
ダーク・エルフ軍団に、故郷を壊滅させられそうな危機に陥るソーが
血の繋がらない弟=宿敵ロキ(トム・ヒドルストン)と手を組み、祖国のために立ち向かうが…
今までずっと牢屋に閉じ込められ、ソーに対して憎しみいっぱい尋常ならぬ敵対心を抱くロキが
”そう簡単にソーと一緒に戦うわけがない!”ところがポイント!

「オマエを信用できない!」とロキに言うソー。
「俺の“激怒”を信用しろ!」とソーに言うロキ。

d0175590_9323491.jpg

私的には、アメコミはヒーローよりも“どれだけ悪役が憎らしくもカッコイイか!”がポイントのヒトツ。
だから主人公ソーより断然!悪役ロキのほうが魅力的で惹かれてしまう♪

今回の場合、自分にとっては本来の悪役マレキスはどうでもよく(笑)、
ロキの憎たらしいほどのカッコ良さったら♪
もう~個人的にはハートemoticon-0152-heart.gifバクバク鳴ってキャ~キャ~叫びたいくらい(笑)。

友人の多いソーに比べて、ひとりぼっちのロキ、
辛辣なジョークを言っては相手に煙たがれるが、本当は心に傷を負っている寂しがり屋、
でも少しでもロキに対して同情したり心を許したりしたら
そこはサイコパスのロキのことだから、痛い眼に合うこと確実。


当然、ストーリーは完結せずに
「エ~ッ!早く続きが観たい!」とワクワクするシーンで次作に続きます!

そしてもちろん!マーベル・コミック作品の映画では毎回楽しみな♪
出演者や製作関係者の名前が紹介されたテロップ終了後の“カメオ”の登場シーン。
今回のオマケ予告編は「エ~ッ!あの人が次回出演するの?!」と楽しみ倍増。

個人的には、ソー&ジェーンのティーンのような恋愛関係は退屈だし
マキレスも悪役としてそれほど恐い存在ではないけど
とにかくロキに関するストーリーがおもしろい。

もともとソー役のオーディションを受けて落ちて、ロキ役に抜擢されたトム・ヒドルストン。
今やトム以外にロキ役は思い浮かばないな~。
本来のクルクル巻き毛の茶髪より、ロキ役の黒いダークな長髪のほうが似合っているくらいだわ。

雑誌 Entertainment Weekly いわく
“ロキ役のトム・ヒドルストンを観るだけで、この映画を観る価値がある!”に100%同意!
だから以下の採点になりました。


映画 マイティ・ソー/ダーク・ワールド 日本では2014年2月公開予定。



私の採点   ★★★★☆ (4つ星)



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
     MARVEL'S THE AVENGERS 3DXD


     アベンジャーズ (日本公開8月予定)


先週末USAで公開され既に初日3日間の興行成績新記録樹立した話題の映画を観に行って来ました!
公開3日め(日)朝一番に映画館ヘ行ったけど、開館前から、まぁスゴイ長蛇の列!←自分も含め(笑)。

アメリカ人(特に男の子から大人の男性まで幅広く)のマーベル・コミックの
スーパー・ヒーロー・シリーズの根強い超人気ぶりは
多分USA以外に暮らす人にとっては想像を超えるモノだと思う。 
とにかく、とにかく、恐ろしいほどの人気なのです。

d0175590_6522899.jpg


しかし超贅沢な出演陣の顔ぶれだよね~。

彼らが個々に主人公になって、いったい何本の映画が製作できるか?!

今さら言うまでもない出演陣は…

普段はジョークばかり言っている大富豪実業家であり発明家、
トニー・スタークことアイアン・マン…ロバート・ダウニー・JR

キリッとした顔のマジメな戦士、
スティーヴ・ロジャースことキャプテン・アメリカ…クリス・エヴァンス

ヤンチャ坊主過ぎて神々の怒りを買う神ソー…クリス・ヘムズワース

オタク肌の天才科学者で、怒りの度を超えるとブッチ切れ恐ろしいパワーを持つ、
ブルース・バナーことハルク…マーク・ラファロ

アーチェリーの名人クリント・バートンことホークアイ…ジェレミー・レナー

紅一点セクシーなスパイ、ナターシャ・ロマノフことブラック・ウィドウ…スカーレット・ヨハンソン

その個性豊かなアベンジャーをまとめる指揮官ニック・フューリー…サミュエル・L・ジャクソン

そして悪役は、ソーとは血の繋がらない兄弟で愛憎入り乱れ複雑な関係のロキ…トム・ヒドルストン

d0175590_6554720.jpg

       左から…ソー、ハルク、アイアン・マン、キャプテン・アメリカ

ストーリーは、いたってカンタン。 
地球平和を守ろうとスーパー・ヒーローたちが一致団結して悪者と戦う!
しかし皆自我が強過ぎるから、“チーム一丸となって”パワーを合わせるまで時間がかかるんだな~。

変身した巨人グリーン・モンスターのハルクの顔が
ちゃんと“マーク・ラファロ”顔しているのが、おかしかった。

d0175590_6581299.jpg

       左から…ニック・フューリー、ホークアイ、ブラック・ウィドウ、ロキ

この映画の中だったら、私の好きなキャラクターはアベンジャーズのメンバーじゃなくて
悪い奴だけど、なぜか憎めないロキだな~。
…って言うか、ソー&ロキの複雑な兄弟関係が面白い。
トム・ヒドルストンは地毛の金髪カールより、ロキのような長い黒髪が似合うわ。

映画タイトル・クレジット・ロール終了の最後まで席を立たないでくださいね。
次のシリーズの悪役(私の好きなあの俳優!)がチラッと予告お目見え!


センスのある笑いを誘うセリフ&シーンが要所要所にあったり、アクション・シーンは文句ナシの大迫力。
2時間半と長い映画だけど、アクション・ヒーローもの好きなら
まったく飽きずに、子供から大人まで思いっ切り楽しめます!


全世界で大ヒット間違いナシの THE AVENGERS アベンジャーズ!
絶対に続編も製作されるだろうな!

ちなみに映画 IRON MAN 3 そして THOR 2(マイティー・ソー)は来年公開です。






私の採点   ★★★★☆(4つ星)





にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
現在全米公開2週目、爆発ヒットしている、スーパー・ヒーロー・アクション3D映画

THOR


邦題: マイティ・ソー 7月日本公開予定

d0175590_1005242.jpg


アメリカン・コミックの最大手マーヴェル・コミックと言えば
アメコミ代表作品シリーズは
”アイアン・マン” ”スパイダー・マン” ”ハルク” ”X-メン” などなど…
名前を挙げたらキリがないほど沢山の作品が出てきますが
今回、映画化されたのは THOR ”マイティ・ソー”です。

ソー役は、オーストラリア期待の新星クリス・ヘムズワース
ソーの父親役オーディンは、名優アンソニー・ホプキンス
ソーのロマンスの相手であり天文学者のジェーンには
”ブラック・スワン”以降、毎月のように出演作品が公開されている売れっ子、
ナタリー・ポートマン

そして監督は、イギリスの名優ケネス・ブラナー

ケネス・ブラナーと言うと、俳優としても監督としても
シェークスピア作品などのコスチューム劇、戦争映画の将校役のイメージが強くて
”彼がアメコミ・ヒーローの映画監督?!”と
イメージが結び付かなかったけど…!

いや~おもしろかった!

…以下ネタバレほとんど無しです。


ストーリーは…
神々の世界で、パワー炸裂させているソー。
最強ゆえに自信に満ちあふれ傲慢な彼の態度に
将来を懸念した父オーディンは、怒りの鉄拳とばかりに、ソーを下界(地球)に追放する。
地球で人々の優しさに触れ、素直になっていくソー。
再び自分の世界に戻れる日は訪れるのか…。

d0175590_10435596.jpg


単純明快なソーが、カッコイイんです!
スーパー・ヒーローは、やっぱりカッコ良くなきゃね~。
血の繋がらない弟ロキ(トム・ヒドルストン)は、
最初は控えめなのに、どんどん邪悪な本来の正体を現し
ソーと敵対していく…この流れもオモシロイ。

ソーの4人の友人(さながら四銃士)のうちのひとりが
この作品が、ハリウッド・デビューとなる浅野忠信
出演シーンも結構あるけど、四銃士の他の3人に比べて圧倒的にセリフが少ない。
セリフあっても短い文章、ひと言、ふた言だけ…う~ん。

”ハート・ロッカー” ”ザ・タウン”で、ここ数年人気上昇中の
ジェレミー・レナーが1分ほどカメオ出演しています。


THOR マイティ・ソー コレは絶対パート2が製作されると思うな~! 楽しみ。


私の採点   ★★★★☆ (4つ星)




にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]