タグ:ブラッドリー・クーパー ( 18 ) タグの人気記事


HIT & RUN (原題:ヒット&ラン)


俳優ダックス・シェパードが主演・監督・脚本を一手に引き受けるコメディ・カーチェイス映画。

なんで観に行ったかと言えば、大好きなブラッドリー・クーパーが友情出演しているから♪

以下、ネタバレありません。

d0175590_8273311.jpg


ストーリーはカンタンに…

チャールズ(ダックス・シェパード)
どこかぬけているUSマーシャル(連邦保安官)のランディ(トム・アーノルド)に見守られながら
米国連邦政府のWitness Protection(証人保護プログラム)のもと
カリフォルニアの田舎で身分を偽って暮らしている。

ガールフレンドのアニー(クリステン・ベル)が新しい仕事の面接に
ロスアンジェルスまで行くことになり、自分の車で送ることにしたチャールズだが
以前、司法取引により自分が裏切った仲間のギャング、アレックス(ブラッドリー・クーパー)
隠していた所在を知られることになり、ハチャメチャな旅のスタート!

d0175590_831167.jpg

   映画 HIT & RUN プレミアにて、左から、ダックス、クリステン、ブラッドリー

2010年に同じくダックス・シェパードが主演・監督・脚本した
ドキュメンタリー風コメディ映画 BROTHER'S JUSTICE
トム・アーノルドブラッドリー・クーパーも共演していて
観たけど内容がつまらなかったし(笑)
だから今回も別に最初から期待して観に行ったわけではありません(笑)。

ダックス&ブラッドリーは日頃から“ツルんでいる仲間”。
そう!この映画に出演している俳優たち、私生活でもホントに仲の良い友人たち。
ダックスの恋人役のクリステン・ベルは私生活で、ホントにダックスと婚約しているし、
1~2分のカメオ出演の俳優たちも皆トモダチ。

d0175590_8364228.jpg

こんな感じのドレッド・ヘアーで、だらしないジャージ姿のアレックス役のブラッドリー・クーパーを
観たいがために!この映画を観に行った私(笑)。

d0175590_8373825.jpg

          キャーいくらなんでも!二枚目ハンサムが、ここまでするか?!


映画HIT & RUN コメディなのに、あまり笑う要素のない大して面白い作品でもないけど(笑)…
ダックス・シェパード・ファンの人、
どんな変な役柄でも(笑)ブラッドリー・クーパーが観たい人(私のように…)、
チョット変わったカーチェイスが好きな人にはオススメです!




私の採点   ★★☆☆☆ (2つ星)




にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
          1月5日は私の大好きな emoticon-0152-heart.gif

          ブラッドリー・クーパー

          37歳の誕生日emoticon-0166-cake.gif(1995年1月5日生まれ)



毎年秋に発表されるピープル・マガジンの”世界で最もセクシーな男”
見事選ばれたブラッドリー・クーパー

d0175590_11575951.jpg

                Photo by People Magazine

ファンとしては、この栄冠は2年遅かったかな~とも思うけどね。
そう、スマッシュ大ヒット映画”ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い”
彼の人気が爆発した2009年に取るべきだったのよ、ホントは(笑)!

ちなみに、ピープル・マガジンによる”世界で最もセクシーな男”は
1980年代からずっと続いている注目度の高いコンテスト?で 
映画、TV、音楽などのエンターテインメント業界のみならず、スポーツ、その他
注目されている業界におけるセクシーな男性が毎回100人以上選ばれています。
でもトップの栄冠に輝くのは、毎年一人。

過去5年の”世界で最もセクシーな男”トップは…

2011 ブラッドリー・クーパー

2010 ライアン・レイノルズ

2009 ジョニー・デップ

2008 ヒュー・ジャックマン

2007 マット・デイモン


個人的には、大好きなブラッドリーは別格として(笑)
ライアンはセクシーだと思うこと時々あるけど、私の好きなタイプではない。
ジョニーは、あれだけ世界中にファンがいても
なんかグダグダしていてボソボソ話すイメージ悪く、私には全く魅力が分からない男性。
ヒューは演技だけではなく、歌って、踊って、司会もできて
好感度イイけどセクシー?私の好きなタイプじゃないしね…。
マットは好きな俳優だけど、ジェイソン・ボーン・シリーズ以外は
セクシーに思ったことないかも…。
だから今年は、ついにヤッタ~♪って感じ?!
以上、私の勝手な感想ですので、ファンの方は気を悪くしないでくださいね!



ともかく、ブラッドリー・クーパーです♪

d0175590_1231722.jpg

     見つめられたら、惹き込まれそうな、とってもキレイなアクアマリン・ブルーの瞳。


名門ジョージタウン大学を卒業した後、
ニューヨークのアクターズ・スタジオで俳優として演技の基礎をしっかり学び
人気TVシリーズ”セックス・アンド・ザ・シティ”(以下SATC)にてデビュー。
(↑コレについては過去のブログ記事で書いています。)

大学生の時に交換留学生として、半年フランス留学したことから、フランス語ペラペラ。
彼のフランス語のインタビューを動画で見ると、生放送のTVトーク・ショーやラジオ収録で
流暢にフランス語を話して、これまたセクシー度高い♪

"SATC"の後、TV、映画にて準主役の役柄が多く
(主人公の悪友、主人公に片思いの男性、主人公の彼女の元カレなど…。)
2005年には"KITCHEN CONFIDENTIAL"と言うTVコメディで初主役。
結構おもしろいコメディだったけど途中で打ち切り。(詳しくは、過去のブログ記事→
2008年には"THE MIDNIGHT MEAT TRAIN"と言う、
気持ち悪い(苦笑)B級ホラー映画に主役で出演。
そして、ご存知、映画”ハングオーバー”にて人気大爆発♪

ハンサム&セクシーだけではなく、おしゃべりトークも面白い彼。
そう言えば、昨年ロブ・ロウと一緒に出演したイギリスのトーク・ショーにて
こんなコトを言って笑わせてくれました。
昨年ロブ・ロウは自叙伝"Stories I Only Tell My Friends"を執筆。
サラ・ジェシカ・パーカーの瞳の色について、ロブが間違って言及したことについて
”私の瞳の色を覚えていないなんて信じられないわ!”と、
サラ・ジェシカがとても怒っている…とサラ本人ではなく、
第3者を通して文句を言ってきたんだよ!と明かすロブ。
そこで、ブラッドリーもすかさず、
”僕にも同じ経験がある! SATCで共演したときに
”キス・シーンで、絶対に舌を入れてこないでよ!(したら許さない!)”って
第3者を通して忠告してきた!”
そこでロブが再び、呆れたようにイジワルっぽく
”サラ・ジェシカは第3者を通して何か言うことが好きだからね~。”
サラ・ジェシカは高飛車で、共演者と上手くいかないことが多いと言うウワサも
ウソでは無さそうなエピソードでした(笑)。
ロブ&ブラッドリーは笑って話しているけど…。

d0175590_13285584.jpg


              私的には、短髪より肩まで長髪の彼が好き♪


ロマンスの方も、いつも沸かせてくれるブラッドリー。

過去に、ジェニファー・エスポジートと結婚したけど数ヶ月で離婚。
その後は、ジェニファー・アニストンレネー・ゼルウィガージャニファー・ロペス
などとロマンス、
そして現在は、ゾーイ・サルダナと恋愛中?とのウワサが流れている彼。

彼には、一生再婚しないで
ジョージ・クルーニーのように、いろんな女性と付き合って、あくまでも独身貴族でいて欲しい!
もしくは、アル・パチーノのように、子供いても結婚は絶対しない主義を貫くとかね~。



これからも主演映画製作めじろ押しのブラッドリー・クーパーです!




にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]

5月下旬に全米公開して、早10日間
コメディ映画歴代最高オープニング3日間(及び3連休含めた前後の5日間)
観客動員数新記録樹立! わ~い、パチパチ!

私も公開1週目で既に2回も観てしまいました!

THE HANGOVER PART II

ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える

日本では7月公開予定。


ご存知、世界中で大大大ヒット(日本では、まぁまぁ?)、
特にUSAでは超ロングラン・ヒットとなった2009年公開のコメディ映画

THE HANGOVER

ハングオーバー 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い

の続編、パート2です。

パ-ト1は、何十回も観ているほど大好きな映画です。

以下、予告編で観れる程度のネタバレ含みます。

d0175590_661496.jpg


ストーリーは至ってシンプル。

主役の3人はコチラ…

フィル(ブラッドリー・クーパー)…小学校の先生(←こんなカッコイイ先生いないって!)
ステュ(エド・ヘルムズ)…歯科医
アラン(ザック・ガリフィアナキス)…両親の家で優雅に暮らす無職の変人


パート1の舞台ラスヴェガスから、パート2の舞台は、タイ・バンコクヘ。

前回パート1で、ラスヴェガスで、酔ったはずみで
ストリッパーのジェイド(ヘザー・グラハム)と結婚してしまったステュ。
残念ながらジェイドとは、その後、別れてしまったようで今回は
タイ人の彼女と結婚するため、皆を連れてタイヘ!

前回ラスヴェガスでのダグ(ジャスティン・バーサ)のバチェラー・パーティーでの
記憶喪失の恐ろしいドンチャン騒ぎを教訓に、
”バチェラー・パーティーは遠慮したい。”と拒否するステュに
フィルは”バチェラー・パーティー無しに結婚するなんて有り得ない!”と大反対。
”じゃ~仕方ないな、1杯だけ…。”と、夜のビーチに繰り出す
フィル、ステュ、アラン、ダグ、そしてステュの花嫁ローレンの弟テディの5人。

…翌朝、眼を覚ましてみれば、見知らぬ部屋で二日酔いの彼ら。
アランの髪の毛はスキンヘッドに!
前回、前歯を引っ張り抜いていたステュは、
今回なんとマイク・タイソン(彼も出演しています。)のように顔にタトューが!
前回、部屋にいたのはライオン、今回はサル!
当然何が起こったか全く覚えていない3人。

そこへ電話が鳴る。
前夜、妊娠中の妻の具合が悪いと、ひとりだけ先にホテルヘ帰ったダグから
”どこにいるんだ? 何をしている? 朝食を一緒に食べる約束だろ?
テディがいないって騒いでいるぞ!”

そう今回は、ステュの花嫁ローレンの弟テディが行方不明に!
おまけにテディは、まだティーンエイジャー。
テディを探しに失われた記憶を辿り次々とハプニングに巻き込まれる彼ら。

d0175590_673165.jpg


主役4人全員めずらしく、皆キレイなブルー・アイなんですよ~。

ステュ役のエド・ヘルムズ曰く、
”ブラッドリーの瞳の中で泳げるくらい”フィル役のブラッドリー・クーパーの
アクアマリン・ブルーの瞳が特に美しいんですよね~。

大ヒットしたコメディ映画の続編は、あまり面白くないことが多いけど
この映画は、(さすがにパート1を超えるほどの爆笑モノでは無いけど…)
文句なく楽しめます!

前回活躍したミスター・チョウ(ケン・チョン)が、またまた全裸で笑わせてくれます!

ストーリーが、”ハチャメチャなバチェラー・パーティー”と分かり切っているので
ソレを観ている方が一緒に楽しめるかどうかがポイント。
”な~んだ、また記憶喪失の馬鹿騒ぎ!”と言われれば、そうだけど
観客はソレを期待しているんだからね~。
くだらないと思いつつも、思いっ切り笑いたい人にオススメ映画です!


ハングオーバー・パート1は、私にとって、5つ星の映画だけど(映画評はコチラ→)
ハングオーバー・パート2は… ↓

私の採点   ★★★★☆ (4つ星)




あまりにも、パート2が大好評なので、パート3制作の話も既に出ているそうです。
そうしたら今度はアランのバチェラー・パーティー?!





にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
2009年夏全米公開の超ロングラン・スマッシュ・ヒット映画
THE HANGOVER (ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い)に
主演していて、特に全米で大ブレイクした俳優と言えば…
ハンサムで、カッコ良くて、フレンドリーで、ユーモアのセンスが溢れて
男女ともにファンが多いブラッドリー・クーパー
彼が尊敬する大先輩俳優ロバート・デ・ニーロと共演した最新作

LIMITLESS (原題:リミットレス)

SF、ミステリー、サスペンス映画です。


以下、ストーリーは予告編で観れる程度のネタバレあり。

d0175590_7532162.jpg


ニューヨークに暮らすエディ(ブラッドリー・クーパー)は極度のスランプに陥っている作家。
いつか成功してみせると、それなりに野心はあるが、不健康で酒に溺れる毎日。
彼女リンディ(アビー・コーニッシュ)も、そんな彼の姿に嫌気を差して別れを告げる。

ところが、ある日、以前短期間結婚していた元妻の弟ヴァーノンに街でバッタリ会う。
以前と感じが変わって見るからに不健康なエディに、ヴァーノンは
”コレを服用してみろよ、人生が変わるぜ!”と、一錠の薬を渡す。

半信半疑ながら、その薬を飲んでみるエディ。
まだ一般には認可されていない、その薬NZTを口にすると
一気に脳が活性化し、恐ろしいほど頭の回転が早くなり、
全ての潜在能力が引き出され、
過去に見た、読んだ、聞いた、学んだ物事が全て詳細に呼び起こされ、
見知らぬ言語もペラペラ話せるようになり、
一夜にして、あれ程書けなかった作品も書き終えてしまう。

億万長者の実業家カール(ロバート・デ・ニーロ)とも出会い
もはや作家ではなく、大金を扱う実業家ヘの道をどんどん進んでいくエディ。

しかしNZT無しでは、生きていけなくなったエディ。
正式に認可されていない、この薬には当然副作用が…。
いつも怪しい人物に見張られ、殺人事件までも身近に起こってしまう。

恐ろしい世界へ足を踏み入れてしまったNZT中毒のエディの身に何が起こるか…?!

d0175590_832667.jpg


ず~っと昔から大好きなロバート・デ・ニーロ、
これまた大好きなブラッドリー・クーパーの共演は、私にとって、とてもうれしいこと!

この映画のカメラ・ワークが素晴らしいのです!
NZTを服用して脳が活性化されていくエディの姿を
ブラッドリー・クーパーの信じられないくらい美しいアクア・マリン・ブルーの眼を通して、
NYマンハッタンのストリートの様子が、早いスピードで視覚的に観客を圧倒。
まるでジェット・コースターに乗ったような気分に…。

しかし、いつも思うけど…
ブラッドリー・クーパーのブルーの眼ってキレイで吸い込まれそうなくらい魅力的!
あんな眼で見つめられたら失神しちゃうな、きっと!

そして、この映画のストーリーのラストが、とても気に入りました!
(でもネタバレは、しませんが…。)


なかなか面白い映画 LIMITLESS (原題:リミットレス)でした!



私の採点   ★★★☆☆ (3つ星)



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]

とってもシビアなUSAのTVドラマ・コメディ業界。
ちょっとでも視聴率が低かったりすると
容赦なく、ズバッとストーリー完結を待たずに放映カット!
運が良ければ未放映分の続きは、DVDで観れるけど…。
批評家の評価も高くて、内容が良くても、放映された曜日や時間が悪く
人気が今ひとつで、キャンセルされる番組も沢山。

中でも個人的に放映時(2005年)、過小評価されたと思うコメディが…コチラ

KITCHEN CONFIDENTIAL (キッチン・コンフィデンシャル)

d0175590_1032451.jpg


実在の人気シェフである、アンソニー・ボーディンのベスト・セラー
″KITCHEN CONFIDENTIAL”をもとに
"SEX AND THE CITY"の製作総指揮であるダーレン・スターが手掛けたコメディ。
主人公の総料理長ジャック・ボーディンは、実在のアンソニーがモデル。

"SEX AND THE CITY"の4人の女性たちが本当に食事していそうな
NYのオシャレなレストランが舞台。
キッチン・スタッフ、フロア・スタッフ、そしてレストランを訪れる客が中心の
ウィットにとんだコメディ。
30分のシットコムでありながら、キッチンの設備は本格的で
毎回美味しそうな料理をタップリ観れます。

d0175590_10502481.jpg


主な登場人物は…

左から
タニヤを好きなのに、なかなかハッキリ告白できないパティシエ、セス(ニコラス・ブレンドン)
ふんわりおっとり系の接客フロント係、タニヤ(ジェイミー・キング)
ジャックの悪友、ワルイことは何でもする副料理長スティーヴン(オーウェン・イオマン)
料理の腕は素晴らしいが、プレイボーイの総料理長ジャック(ブラッドリー・クーパー)
4人の先輩シェフにいつもからかわれイジメられる
新人シェフのジム(ジョン・フランシス・デイリー)
オーナーの娘で強気な性格のフロア・スタッフ、ミミ(ボニー・サマーヴィル)
セスといつも冗談半分ケンカばかりしているシーフード・シェフのテディ(ジョン・チョー)

キッチン・スタッフが皆、”女性好き”な設定。
特にジャックは、ほとんど毎回違う女性とのラブ・シーンあり!

ブラッドリー・クーパーの得意分野であるラブ・コメディを思いっ切り味わえます。

ライバル・レストランとの抗争?とか、
キッチン・スタッフの厳しい先輩・後輩シェフの上下関係とかのジョークは
”ホント、ありそうだな~”と思わされ、
そんなおもしろいシーンが沢山あるのに、残念ながらシーズン1途中で終了。

その後、きちんとシリーズ1を完結させたDVD(エピソード13)が発売され、
ジワジワと人気が出て、
ブラッドリー・クーパーが映画で成功したことも重なって
なんでTV放映時に人気が出なかったのか?!
”キッチン・コンフィデンシャル”は過小評価の秀作コメディ…と語り次がれています。
チョット大げさかな…(笑)

d0175590_11261026.jpg


このコメディの数年後、ブラッドリーは映画俳優として人気が出て、
オーウェン・イオマンは人気ドラマ"THE MENTALIST"(メンタリストの捜査ファイル)
のウェイン役でレギュラー獲得。
ニコラス・ブレンドンは時々”クリミナル・マインド”でペネロピの彼ケヴィン役で出演。
(ケヴィン、もっと頻繁に出演して欲しいな~。)
ジョン・チョーも映画やドラマで活躍しているので
このコメディがシリーズ化されていたら彼らの現在は、どうなっていたのかな…
と、ふと思ってしまいます。




長髪の方が好きだけど、シェフらしい短髪のブラッドリー・クーパーも捨て難い?!

よかったらクリックしてくださいね。
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]
"THE HANGOVER" (ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い)
"THE A-TEAM"(特攻野郎Aチーム THE MOVIE)
…と記事が続いたなら当然?私の大好きなemoticon-0152-heart.gifブラッドリー・クーパーのコトを少し書きます!

BRADLEY COOPER (ブラッドリー・クーパー)

1975年1月5日生まれ、現在35才。
身長185cm、ブラウンヘア、透き通るようにきれいなブルーアイ。

d0175590_3575274.jpg


作品によって、金髪だったり、短髪だったりするけど、
この写真の映画 ”ハングオーバー!”の時のように
チョット長めのカールがかった髪、少し無精ヒゲの残る顔が私は一番好き。

デビュー作は、あの有名な″SEX AND THE CITY"(セックス アンド ザ シティ)
HBOで放映されていたリアルタイム(1999年)で、″SATC”を観ていた時は、
全く気にも止めず!後で、彼の名がチョット知れ渡って来た頃に
”ナニ?″SATC”に出ていた~?”と再び観直してわかった次第。
シーズン2、エピソード4の最後に、ジェイク役で出演。
クラブでキャリーをナンパして、車に乗って、キスして
煙草を買おうと寄った売店で、雑誌″NEW YORK”の表紙に、
”煙草を片手に、やつれきった顔で写るキャリー”を見つけ
”コレって君~?!”と、ジェイク。
店頭に雑誌が並んだ時から、その表紙の自分が嫌いだったキャリー、
”もう帰るわ!”と車を降りて、ジェイクにバイバイ
…って、たった3分のシーンだった。

″SATC”は大好きなドラマ・シリーズのひとつだけど、
なかでもおもしろいのは、彼女たち、4人の1~2回ぐらいだけの”相手”に
まだブレイクする前の俳優が結構出演していること!
数年後に再び観て、”エ~ッ、こんな役で出ているよ!”と、後で分かった驚きが楽しい。

去年”ハングオーバー!”で大当たりしたブラッドリー。

それまでの彼の典型的な役柄(準主役)は…

主人公の性格いまひとつの元カレ…
″WEDDING CRASHERS”(ウェディング・クラッシャーズ)では、
主人公(レイチェル・マクアダムス)の性格の悪いボーイフレンド役で、
最後は結局、初対面から気に入らなかった男(オーウェン・ウィルソン)に
彼女をとられてしまう。

主人公俳優がよくつるんでいる友達のひとり…
"FAILURE TO LAUNCH"(恋するレシピ~理想のオトコの作り方~)では、
主人公(マシュー・マコノヒー)の悪友役で登場。
この映画で再びサラ・ジェシカ・パーカーと共演。

妻にウソつき浮気するどうしようもない夫…
″HE'S JUST NOT THAT INTO YOU”(そんな彼なら捨てちゃえば?)では
妻(ジェニファー・コネリー)がいながら別の女性(スカーレット・ヨハンソン)と浮気し、
おまけに、煙草は絶対吸っていないと妻に誓いながら裏で喫煙。 (女の敵だね~!)

今冬公開された映画 ″VALENTINE'S DAY"(バレンタインデー)では、
飛行機で、陸軍キャプテン(ジュリア・ロバーツ)の
隣席に座る感じの良いナイスなビジネスマン役。
あら、ロマンスに発展…と思ったら、到着後、彼の家には愛するゲイ・パートナー、
フットボール選手(エリック・デーン)が待っていたのでした。
映画全体はそれほどでもないけど…心をほんわかさせる、このエピソードは結構好きだった。

今や次々と出演作(ロバート・デ・ニーロなどと共演)目白押し。
TVのトークショーにゲスト出演、映画のプレミアに登場すれば、
女性客からハートの嬌声の嵐!

たった4ヶ月で別れたバツいちの過去もあるブラッドリー、
現在は、レネー・ゼルウィガーと交際中。(彼女のほうが6才年上!)

今後、お得意のコメディ&ラブ・コメディはもちろん、
アクション、シリアスドラマへと
ドンドン役柄の幅を広げていって欲しい期待の星です!


その後またブラッドリー・クーパーについて熱く語っています! (詳細はコチラ→




↓ ブラッドリー・クーパーファンの方はクリックしてくださいね!
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
USAで、現在公開中の映画 "THE A-TEAM"
邦題 ”特攻野郎Aチーム THE MOVIE” 日本公開は、8月。

1980年代に、USA、日本で大人気だったTVドラマ(シーズン1~5)、
”特攻野郎Aチーム”の映画版。

確か日本でも、昔よく再放送されていて、なんとなく覚えているけど
ちゃんと観た記憶がないんですよね、私。
印象に残っていることと言えば、TV版B.A.役のMR.Tのモヒカン刈りかな~。

でも映画はTVドラマを観ていなかった人も楽しめるようになっているから大丈夫です。

ストーリーはそれほど複雑ではありません。
米軍特殊部隊Aチームの4人が無実の罪で、4人別々の刑務所に送られ
それぞれ脱獄して、自分たちをおとしいれたのは、一体誰なのか?
名誉を挽回するため真実を追う!

ジョン”ハンニバル”スミス大佐役には、リーアム・ニーソン。
彼って、役柄の幅が広いですよね。
歴史・文芸映画から、ラブ・ロマンス、アクションまで、なんでもこなしてしまう。
最近の彼のアクション映画というと、
USAでは2008年に公開された、″TAKEN”(96時間)を思い出します。
フランス、パリで、ティーンエイジャーの娘を誘拐され必死になって娘を捜す父親役。
生意気な娘も、あんなカッコイイ、パパに助けられたら素直になるよ~。
″TAKEN”(96時間)でも、ステキだったリーアム・ニーソン、
今回も”ハンニバル”役がバッチリ決まっていました。

フェイス役には、映画″THE HANGOVER”で一躍大人気となった、
ブラッドリー・クーパー。
女性に優しく、すぐ口説き落とすハンサムなフェイス役は彼にピッタリ。
撮影中は、より鍛えた身体を見せる(魅せる?)ため
専属トレーナーをつけて、エクササイズはもちろん、
毎日たった2000カロリーの食事に押さえていたので大変だった!
…とインタヴューで言っていました。
それだけに、すばらしい肉体を見せてくれますよ~!
元彼女、キャプテン・ソーサ(ジェシカ・ビール)との絡みも見逃せません。

そして謎のCIA捜査官リンチ役のパトリック・ウィルソンも良い味だしていました。

映画はメキシコ、USA、ヨーロッパなどシーンが変わるけど
全て、カナダ、ヴァンクーヴァー近郊で撮影されたそうです。


さて観終わった感想は…


それなりに、アクションは迫力あったし、
4人のキャラがそれぞれ違って楽しめたけど
もう少し話にヒネリがあってもよかったかな~。


私の採点 ★★★☆☆(3つ星)




にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
昨年6月USAで公開され、何ヶ月もロングラン・スマッシュヒットとなった
映画"THE HANGOVER"
ヨーロッパでも昨夏公開され、大ヒットしたのに
1年も経ってから、日本で来月やっと公開されるみたいですね。 
”ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い”…って
まぁ随分長いタイトルだな~。

最初は日本では公開予定なく、直接DVD発売の道ヘ…行くはずだったのが
(でも、その理由の大きなヒトツが、”主役4人が日本では無名俳優だから…”って
どこでも誰でも最初は無名じゃないの? 公開されなきゃ有名にならないって!)
この1月にゴールデン・グローブ作品賞(コメディ&ミュージカル部門)を獲得したから
(プラス、日本のファンの署名運動もあったみたいですね。)
めでたく劇場公開となったようで、パチパチ。

もう~この映画、大好きです!
去年映画館に3回、足を運び観ちゃいました!


内容は至ってシンプル。
結婚を間近に控えた花ムコと3人の悪友たちとのバチェラー・パーティーの話。
USAで、バチェラー・パーティー(男友達から独身最後の花ムコのためのイヴェント)
と言うと、ストリップ・クラブヘ行ったり、自宅へストリッパーを呼んでドンチャン騒ぎ、
酒飲んでワイワイスポーツ観戦、ギャンブルなどいろいろあるけど、
この映画の4人は、ビバ~!ラスヴェガスヘ行ったまではいいけど
到着した夜、ハメをはずし過ぎて、翌朝起きてみたら全く昨夜の記憶がない!
おまけに花ムコ行方不明?!ってことで
失った記憶をたどりつつ、あの悪夢がよみがえる…その2日間の出来事の話。

この手のコメディ映画って、観客を無理に笑わせようとして逆につまらない…
ってパターンがよくあるけど
この”ハングオーバー!”は違う。
緻密に練られた笑いに素直に?爆笑の連続!

″THE 40 YEAR OLD VIRGIN”(40才の童貞男)
″SUPERBAD”(スーパーバッド 童貞ウォーズ)
″FORGETTING SARAH MARSHALL”(寝取られ男のラブ♂バカンス)
″KNOCKED UP”(無ケーカクの命中男/ノックトアップ)
″PINEAPPLE EXPRESS”(スモーキング・ハイ)
″WEDDING CRASHERS”(ウェディング・クラッシャーズ)
…などのちょっと下ネタありのオトコの友情コメディ映画
が好きなファンには、たまらない映画”ハングオーバー!”

しかし、上記に挙げた映画の邦題って、どれもすごいですね…。
”スモーキング・ハイ”なんて、そのまま”パイナップル・エキスプレス”でいいのに…。
でも、こういう一連のちょっと毒のある爆笑アメリカン・コメディって、
日本では今ひとつ受けないのかな?
笑いのツボが違う?
劇場公開を無視されて、DVD直行とか、
公開されても期間が短いっていうのが多いみたいですね。
USAでは、上記の作品全てヒットまたは、大ヒットしているけど。

さて主役4人ですが…
フィル役のブラッドリー・クーパーは(もともと準主役で芸歴長いけど)
女性を虜にする今や引く手あまたの人気俳優となり、
ステュー役のエド・ヘルムスは、
もともと以前からTVシットコム”THE OFFICE”のレギュラーだけど
実際にコメディアンでもあるので、よりTVのトーク・ショーなどに出演するようになり、
アラン役のザック・ガリフィアナキスは、この映画の出演により、
今年のMTVムービー・アワードのベスト・コメディパフォーマンス賞を獲得。
昨秋開始の新しいTVコメディ”BORED TO DEATH”に出演中で
同時にコメディアンとして舞台に立ってます。
花ムコ、ダグ役のジャスティン・バーサも以前から準主役で映画に出演、
現在は、NYブロードウェイ舞台″LEND ME A TENOR"出演中。
…と皆、その後、俳優として、さらに大成功。

そして製作中の″THE HANGOVER 2"は、来年5月公開予定です。

″THE HANGOVER" 私の採点 ★★★★★ (満点5つ星)!

映画は最後まで席を立たないで~タイトル・ロールのシーンまでも爆笑モノです!
 

 

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]