半年振りの更新で、多分これが最後の記事になるでしょう。

クリミナル・マインド について書いた内容が初記事だったので
最後の記事もやっぱり クリミナル・マインド にしようと思います。

私が一番好きなキャラクターであるアーロン“ホッチ”ホッチナーを演じるトーマス・ギブソン
解雇されて以降も全てのエピソードを観ているけど
ホッチなしで クリミナル・マインド の記事を書く意欲がわかないことが大きな理由です。

相変わらず、欧米製作のドラマや映画を沢山観ているけど
もうあらすじも感想もブログに書くこともないかな~。


クリミナル・マインド シーズン13

d0175590_12524612.jpg

クリミナル・マインド シーズン13 のBAUメンバー勢揃い!
この顔ぶれを見ると…改めてドラマ初回から出演しているオリジナル・キャラの少なさを痛感。

私が暮らすUSAでは クリミナル・マインド シーズン13 は数ヶ月前に放送終了しています。

シーズン13 には、打ち切りになったスピンオフ クリミナル・マインド 国際捜査班
レギュラー出演していた体育会系行動派の特別捜査官
マシュー“マット”シモンズ(ダニエル・ヘニー)が同役で新しく加入しました。

d0175590_1259417.jpg

個人的には、マット(写真: 一番右)のレギュラー入りは良い事だと思う。
BAUチームに加入しても違和感もないしね。
手足が長くてカッコイイよね。

シーズン13 で(ストーリー以外で)気になったことは
デイヴィッド・ロッシ(ジョー・マンテーニャ)の髪の毛の色が
黒から、ところどころ白が入り混じって、
1シーズン終わってみれば、段階を経て見事に白髪にすっかり変わっていたこと(笑)!
年齢的に今まで黒色に染めていたんだろうけど、ナチュラルなこの白髪のほうがカッコイイわ~ロッシ!

こちらで今から1ヶ月後に開始される、
クリミナル・マインド シーズン14 エピソード1 は記念すべき通算第300話!

特別な内容になるのかな~楽しみ!

ここ数年ずっと1シーズン全22話だったけど
なんと!シーズン14 は、14年間で一番少ないエピソード数、いきなり全15話に設定されちゃった。
これでシリーズ・フィナーレというウワサもあるけど…それならそれでいいかな~。

現在のメンバーのことは好きだし、今も内容的にも良くできたエピソードも結構ある。

d0175590_1345335.jpg

     数ある犯罪捜査系ドラマで私が一番好きなキャラクター、ホッチ!

でもね~ホッチもいなけりゃ、デレク・モーガン(シェマー・ムーア)もいないと
もはや クリミナル・マインド ではなく、別のFBI捜査ドラマを観ているような感覚なんだよな~。

もし クリミナル・マインド がシリーズ終了するなら、またブログを書くかも知れません。


2010年にこのブログを開始して以来、
本当に沢山の方々にアクセスしていただいて、沢山のコメントもいただきました。
古い過去記事を含め、いつの日も一番の人気記事はクリミナル・マインド関連でした。

ありがとうございました!


にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]
ALL THE MONEY IN THE WORLD

原題: オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド


製作・監督 リドリー・スコット

犯罪サスペンス映画


実在の人物で、大富豪・実業家・石油王で知られるジャン・ポール・ゲティ(以下J.P.ゲティ)の
孫息子ジョン・ポール・ゲティ三世が1973年に誘拐された実在事件を扱ったストーリー。

実際の誘拐事件の顛末については、ネットで検索すれば分かるので
このブログ記事では映画のストーリーについてのネタバレはありません。

大富豪J.P.ゲティが日本でどれだけ知名度があるか私には分かりません。 
しかし米国では、彼の残した功績はもちろん、彼の偏屈な性格、
この誘拐事件についても、波瀾万丈な人生を送った人が多いゲティ・ファミリーついても、
ドラマはもちろんドキュメンタリーなどにも扱われていて、
米国では知らない人はいないほど有名人物です。

しかしこの映画が話題になったことは何と言っても…

セクハラ問題で渦中の俳優ケヴィン・スペイシーがオリジナル撮影に出演していた!

全ての撮影が終了して、劇場公開まであと1ヶ月と迫っていたにも関わらず、
この映画で、大富豪J.P.ゲティを演じたケヴィン・スペイシーの全てのシーンを
急遽、再撮影して、クリストファー・プラマーに差し替えた!

そして再撮影されたバージョンの作品評価が高い!

d0175590_712517.jpg

先日、開催されたゴールデン・グローブ賞助演男優賞
この役でノミネートされていたクリストファー・プラマー。

追記: このブログ記事を書いた後、
同役でクリストファー・プラマーアカデミー賞助演男優賞にもノミネートされました!

しかし彼の演じたJ.P.ゲティは助演ではなく、主演と言っても不思議ではないほど
出演シーンも多く、CGでケヴィンの登場シーンをごまかすとか出来ないほど
ストーリーの鍵を握る重要な役割なのでした。

昨年10月下旬に、ケヴィン・スペイシーがセクハラ問題で訴えられてからの
リドリー・スコット監督の行動は素早かった!

このセクハラ問題が大きくなれば(実際に現在では非常に大きな問題となっている)、
この映画は、賞レースに望むためにクリスマス時期に劇場公開が決定しているにも関わらず、
ケヴィンが出演しているということで、もしかしたら公開される劇場が減少するかも知れない、
最悪の場合、映画自体がお蔵入りになって公開延期もしくは中止になるかも知れない、
しかし映画に関わった出演者、全スタッフの業績から、それだけは避けたい!

スコット監督は、「ケヴィン以外だったら、この俳優にJ.P.ゲティ役を演じて欲しい!」と
以前から考えていたクリストファー・プラマーに差し替え代役の再撮影を打診すると
「もちろんOKだよ!」と即答を得た。
そして、映画スタッフや出演者たちに、
ケヴィンが登場した全てのシーンを削除して撮影し直すプランを伝えると、皆、一同に賛成した。

そして11月下旬、米国に暮らす人ならば
クリスマスと並んで家族が集まる重要な休暇であるサンクスギビングに
休暇を返上して、再度イタリアとイギリスで撮影。
ケヴィン・バージョンでは数週間もかかって撮影したシーンをたった10日間で撮り直す!

d0175590_7191626.jpg

            J.P.ゲティを演じるクリストファー・プラマー

私は、ケヴィンが出演しているこの映画の予告編を何回か観ていたけど
本編を見た後の感想では、「最初からこの役はクリストファーがピッタリだった!」という結論。

クリストファー・プラマーって88歳ですよ~!

このような緊急事態に短期間で役作りに集中してスゴイ!
威厳があって頑固で偏屈なJP.ゲティを見事に演じきった!名演だった。

映画のストーリー自体としても非常におもしろかった!
…っていうか、J.P.ゲティという人物自体が良い意味でも悪い意味でも
興味を抱かざるを得ない風変わりな人物なのでした。


しかし、昨日、また新しいニュースが発覚!

再撮影時の追加出演料が
ジョン・ポール・ゲティ三世の母役を演じたミシェル・ウィリアムズ
元CIAで誘拐交渉人を演じたマーク・ウォールバーグでは信じられないギャラ格差があった!

ミシェルは「ギャラなしでも再撮影OKよ!」って言ったので
10日間でたった1000ドルの出演料だった。
一方、マークは「ギャラもらえるならば再撮影に協力するよ!」って言ったから
交渉の末、なんと10日間で150万ドルを手に入れた。

しかし、もともとオリジナルの契約で
ミシェルの場合は「再撮影が必要ならば(追加出演料ナシで)応じなければならない」、
マークの場合は「そのような契約はしていなかった」とのこと。

先月のインタビューで、スコット監督は
「もちろんケヴィンの代役であるクリストファーは出演料をもらったよ。
でも僕もミシェルもノーギャラで再撮影に望んだ。他の出演者や裏方スタッフもそうだよ。」って
言っていたんだけど、それにはマークは含まれていなかったのね…って話題に事欠かないな~。

その後、マークはこの時に得た出演料全額を
人種問題やハラスメント問題を救済するNPO団体に寄付しました。

d0175590_731133.jpg

出演シーンが全てカットされたJ.P.ゲティのメーキャップをしているケヴィン・スペイシー

しかしケヴィン・スペイシー、自ら巻いた種とは言え、
今後、彼の俳優人生どうなっちゃうんでしょうかね~。

彼自身、twitterでセクハラ問題に軽く触れて(謝って)、
自分はゲイだとカミングアウトした時は、こんな大問題になるとは想像していなかったんだろうな~。
でもケヴィンがゲイというウワサは昔から業界外でもささやかれていたことで
今さら、ゲイである公言されても誰も驚かなかったと思うんだけど。
それをセクハラ問題とすり替えたことで更に反感を買ってしまったことは事実。

ケヴィンが主演の HOUSE OF CARDS ハウス・オブ・カード 野望の階段
大好きなドラマなんだけど…次シーズン、彼が出演しないとなると、どんな展開になるのかな~。


ALL THE MONEY IN THE WORLD (原題: オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド)
日本では公開未定。


私の採点   ★★★★★ (満点5つ星)



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]
DARKEST HOUR

ウィンストン・チャーチル/
ヒトラーから世界を救った男

主演: ゲイリー・オールドマン

d0175590_11204629.jpg

このプロモ写真を初めて見たときの衝撃ったら!

エ~ッ!コレがゲイリー・オールドマン!?
ウソでしょう!

ゲイリー・オールドマン!私の大好きな俳優です♪

ゲイリーって、表情や仕草など役柄ごとに異なり、それらを巧みに演じる、
いわゆる“性格俳優”だけど
大体、役柄の体格は彼自身の痩せ型の体格そのままって感じが多いと思うんだけど…。

今回、ゲイリー・オールドマンが演じる役は…
歴史上もっとも有名なイギリス首相と言っても過言ではない、
ウィンストン・チャーチル首相!

チャーチルって恰幅のよい、ポッチャリ体型で知られていますよね。
今まで多くの俳優がチャーチル首相を演じてきたけど
まさかゲイリーの風貌からチャーチルを演じるとは驚いた!
 
以下、ストーリーについては詳細に書いていません。
d0175590_11342742.jpg

チャーチルの風貌(猫背、ポッチャリ体型)はじめ、独特の話し方、葉巻の吸い方、彼のクセ…
ゲイリーはすべて見事に演じきっています。

ゲイリー以外にも、チャーチルの妻役にクリスティン・スコット・トーマス、
彼の専属タイピストに、リリー・ジェームズなども出演しているけど
あくまでもストーリーの中心はゲイリーが演じるチャーチル首相。

ストーリーは、時は1940年、第二次世界対戦中、
ウィンストン・チャーチルがイギリス首相に任命され
あの有名な演説(下記参照)をするまでの約1ヶ月間、
政治家、閣僚、市民に信頼を得るまでの彼の苦悩を描いています。

チャーチルの名言、格言はたくさんあるけど
ナチス・ドイツとの戦いについて言及する有名な演説の一部。

We shall fight in France, we shall fight on the seas and oceans,
we shall fight with growing confidence and growing strength in the air,
we shall defend our island, whatever the cost may be.
We shall fight on the beaches, we shall fight on the landing grounds,
we shall fight in the fields and in the streets, we shall fight in the hills,
we shall never surrender.

「我々は断じて降伏しない!」と、力強く締めるこの演説は今も語り継がれていますよね。

ところで、私の好きな音楽ジャンルはティーンの頃から ヘヴィメタル&ハードロック です。
大好きなイギリスのバンド IRON MAIDEN
数多くある彼らの曲の中でも特に大好きな曲 ACES HIGH の冒頭で
チャーチルのこのスピーチが流れるんだけど
当時から、このスピーチを暗記して彼らのコンサートでも一緒に歌っていました。
だから今でも暗唱できるんだな~(笑)。

d0175590_11413214.jpg

すばらしいメーキャップ技術!眼はゲイリーだけど、顔の輪郭、アゴの肉付きはチャーチル!

さて、英語の原題とは全く異なる邦題。
相変わらず、第二次世界対戦を描いた映画だと
ヒトラーが登場しようがしまいが関係ナシに、邦題に“ヒトラー”と入れてしまうセンス。
なんでそんなに“ヒトラー”の名を付けたがるのかな~?

すでに、このチャーチル役で様々な年末年始の映画祭の賞レースの主演男優賞に

ノミネートされているゲイリー・オールドマン。

1月に発表される

アカデミー賞主演男優賞にも必ずノミネート
されるでしょう!

映画 DARKEST HOUR ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男
日本では来年3月公開予定。


私の採点   ★★★★☆ (4つ星)




追記:掛け込みセーフで(笑)このブログ記事が2017年最後の記事となりました。
このブログの読者の皆さんの中にはお気付きの方もいると思いますが
今年はブログ記事数が減少しています。

理由は…
映画に関しては、
劇場公開に際して映画を観に行く回数が減った。
なぜ減ったか?
ここ数年、Netflix、Amazon Prime、Hulu…などネット配信の
質の高いオリジナル・ドラマシリーズを観る機会がグ~ンと増えたから!
コレに尽きると思います。

でも年末年始は、賞レースにノミネートされる秀作が多いので映画館へ観に行っています。
レビュー記事が追いついていないけど(笑)これらについては今後、書いていきます。

ドラマに関しては、
大好きなトーマス・ギブソンが演じるアーロン”ホッチ”ホッチナーがいなくなった
クリミナル・マインド についての詳細なブログ記事を書く気力がない。
ちなみに、ホッチがいなくなった今も観続けています。

NCIS、 NCIS: LA、 NCIS: ニューオリンズ 3作品とも観続けているが
内容がマンネリ化で記事を書くほどではない。

ネット配信ドラマ、プライムケーブルTVドラマは数多く観ているが
これらのドラマについて、それぞれ感想を書くほど時間がない(笑)。
でもそのうち”私のオススメ・ドラマ TOP5”なども書いてみたいと思います。

…ということで、来年も細々とブログ記事を書いていく予定なのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]

MURDER ON THE ORIENT EXPRESS


オリエント急行殺人事件


アガサ・クリスティー原作のミステリー小説を題材にした映画。

これまでも何度も映画、TVドラマ化されてきた作品の最新版。

主役の私立探偵エルキュール・ポアロを演じるケネス・ブラナーは
主演のみならず、監督、製作も兼ねています!

ケネス・ブラナーはじめ、
ミシェル・ファイファー、ジュディ・デンチ、ジョニー・デップ、
ペネロペ・クルス、ウィレム・デフォーなどなど…
主演陣が豪華ですよね~♪

トルコ・イスタンブールを出発して、ヨーロッパの国々を経由して
フランス・カレーまで走る豪華寝台列車オリエント急行内で
殺人事件が起こる! 犯人は誰か!?


あまりにも有名な作品なので、
以下、ネタバレなし、ストーリーにも触れていません。

d0175590_12165401.jpg

時代は1934年で当時のオリエント・エキスプレスの様子を描いているけど
登場人物の名前や人種などが
原作および今までの映像化された映画やドラマと違う設定もあります。

実はあまり期待しないで
(リメイクでおもしろい作品ってあまりないし

劇場へ足を運んだけど(笑)、期待以上に楽しめました。

不満といえば…
ラチェットの執事役のデレク・ジャコビの登場シーンやセリフが
少なかったこと!
自動車セールスマン役のマヌエル・ガルシア=ルルフォ
登場シーンやセリフは更にもっと少なかったこと!
まぁ登場人物が多いから仕方ないだけどね~。

昔から大好きなデレク・ジャコビはイギリス出身の名優で現在79歳!

マヌエル・ガルシア=ルルフォ
ウェスタン映画  THEMAGNIFICENT SEVEN マグニフィセント・セブン
で拳銃さばきが見事なガンマン役がカッコ良くて

そのブログ記事はコチラ→
今回も期待していたのに~今回はほとんど目立たなかったわ(笑)残念!


映画の最後に
アガサ・クリスティー作品の続編製作を期待させるポアロのセリフあり!

ケネス・ブラナー期待しちゃうよ~ナイルに死す!



MURDER ON THE ORIENT EXPRESS
 オリエント急行殺人事件
日本では12月公開。


私の採点   ★★★★☆ (
4つ星)


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村




[PR]

THOR: RAGNAROK


マイティ・ソー
バトルロイヤル



アメコミ・スーパー・ヒーロー・アクション映画。


大ヒット・シリーズ 
THOR マイティーソー 

THOR: THE DARK WORLD マイティ・ソー/ダーク・ワールド

に続く第
3段!


以下、ネタバレありません。私の感想のみ。


d0175590_09284152.jpg


1
作め、2作めより、更にコメディ要素が強くなったかな~?と思ったけど
笑えるシーンも迫力ある戦うシーンも楽しめました♪

兄ソー(クリス・ヘムズワース)と弟ロキ(トム・ヒドルストン)との
愛憎まみれる複雑な関係も惹かれる!
なんだかんだ言っても、お互い本心から嫌いになれないし、
お互いを騙しながらも協力する時は一致団結する兄弟。

d0175590_09371926.jpg


マーベル・コミック・シリーズの登場キャラクターで
私の一番大好きな人物はロキ162.png

ロキを演じるトムヒってホント!カッコイイ!

ロキってウソツキで、ヒガミっぽく、ズル賢く、
他人を巧妙に操ろうと企てるし、平気で裏切るし、信用ならない奴だけど、
愛おしくてカワイイんだよね~♪

兄ソーもきっとそう思っているハズ!


ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)、
思っていたより登場シーンが短くて
もっと登場していたら、おもしろかったのにな~。

ソーの姉ヘラを演じるケイト・ブランシェット。
邪悪で美しいヘラ役がピッタリだった。

ルーク、クリス、リアム・ヘムズワース3兄弟の長男ルーク・ヘムズワース
映画の中の舞台劇で“俳優ソー役”を演じていたけど
やっぱりクリスに似ているね~。

マット・デイモンのロキは似ていなかったけど
それはまたそれでおもしろかった。
マットっていろいろな映画やバラエティ番組にカメオ出演して
毎回笑わせてくれる!


マイティ・ソー シリーズ第4段も楽しみ!


私の採点   ★★★★★ (満点5つ星)

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村

ところで、しばらくブログ記事を書いていなかったら
エキサイトブログが勝手に新投稿画面に変更されていて、
フォントも文字の大きさも以前と異なり、
画像ファイルの仕方も変わって使いにくくて困りました。



[PR]