2017年 12月 31日 ( 1 )

DARKEST HOUR

ウィンストン・チャーチル/
ヒトラーから世界を救った男

主演: ゲイリー・オールドマン

d0175590_11204629.jpg

このプロモ写真を初めて見たときの衝撃ったら!

エ~ッ!コレがゲイリー・オールドマン!?
ウソでしょう!

ゲイリー・オールドマン!私の大好きな俳優です♪

ゲイリーって、表情や仕草など役柄ごとに異なり、それらを巧みに演じる、
いわゆる“性格俳優”だけど
大体、役柄の体格は彼自身の痩せ型の体格そのままって感じが多いと思うんだけど…。

今回、ゲイリー・オールドマンが演じる役は…
歴史上もっとも有名なイギリス首相と言っても過言ではない、
ウィンストン・チャーチル首相!

チャーチルって恰幅のよい、ポッチャリ体型で知られていますよね。
今まで多くの俳優がチャーチル首相を演じてきたけど
まさかゲイリーの風貌からチャーチルを演じるとは驚いた!
 
以下、ストーリーについては詳細に書いていません。
d0175590_11342742.jpg

チャーチルの風貌(猫背、ポッチャリ体型)はじめ、独特の話し方、葉巻の吸い方、彼のクセ…
ゲイリーはすべて見事に演じきっています。

ゲイリー以外にも、チャーチルの妻役にクリスティン・スコット・トーマス、
彼の専属タイピストに、リリー・ジェームズなども出演しているけど
あくまでもストーリーの中心はゲイリーが演じるチャーチル首相。

ストーリーは、時は1940年、第二次世界対戦中、
ウィンストン・チャーチルがイギリス首相に任命され
あの有名な演説(下記参照)をするまでの約1ヶ月間、
政治家、閣僚、市民に信頼を得るまでの彼の苦悩を描いています。

チャーチルの名言、格言はたくさんあるけど
ナチス・ドイツとの戦いについて言及する有名な演説の一部。

We shall fight in France, we shall fight on the seas and oceans,
we shall fight with growing confidence and growing strength in the air,
we shall defend our island, whatever the cost may be.
We shall fight on the beaches, we shall fight on the landing grounds,
we shall fight in the fields and in the streets, we shall fight in the hills,
we shall never surrender.

「我々は断じて降伏しない!」と、力強く締めるこの演説は今も語り継がれていますよね。

ところで、私の好きな音楽ジャンルはティーンの頃から ヘヴィメタル&ハードロック です。
大好きなイギリスのバンド IRON MAIDEN
数多くある彼らの曲の中でも特に大好きな曲 ACES HIGH の冒頭で
チャーチルのこのスピーチが流れるんだけど
当時から、このスピーチを暗記して彼らのコンサートでも一緒に歌っていました。
だから今でも暗唱できるんだな~(笑)。

d0175590_11413214.jpg

すばらしいメーキャップ技術!眼はゲイリーだけど、顔の輪郭、アゴの肉付きはチャーチル!

さて、英語の原題とは全く異なる邦題。
相変わらず、第二次世界対戦を描いた映画だと
ヒトラーが登場しようがしまいが関係ナシに、邦題に“ヒトラー”と入れてしまうセンス。
なんでそんなに“ヒトラー”の名を付けたがるのかな~?

すでに、このチャーチル役で様々な年末年始の映画祭の賞レースの主演男優賞に

ノミネートされているゲイリー・オールドマン。

1月に発表される

アカデミー賞主演男優賞にも必ずノミネート
されるでしょう!

映画 DARKEST HOUR ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男
日本では来年3月公開予定。


私の採点   ★★★★☆ (4つ星)




追記:掛け込みセーフで(笑)このブログ記事が2017年最後の記事となりました。
このブログの読者の皆さんの中にはお気付きの方もいると思いますが
今年はブログ記事数が減少しています。

理由は…
映画に関しては、
劇場公開に際して映画を観に行く回数が減った。
なぜ減ったか?
ここ数年、Netflix、Amazon Prime、Hulu…などネット配信の
質の高いオリジナル・ドラマシリーズを観る機会がグ~ンと増えたから!
コレに尽きると思います。

でも年末年始は、賞レースにノミネートされる秀作が多いので映画館へ観に行っています。
レビュー記事が追いついていないけど(笑)これらについては今後、書いていきます。

ドラマに関しては、
大好きなトーマス・ギブソンが演じるアーロン”ホッチ”ホッチナーがいなくなった
クリミナル・マインド についての詳細なブログ記事を書く気力がない。
ちなみに、ホッチがいなくなった今も観続けています。

NCIS、 NCIS: LA、 NCIS: ニューオリンズ 3作品とも観続けているが
内容がマンネリ化で記事を書くほどではない。

ネット配信ドラマ、プライムケーブルTVドラマは数多く観ているが
これらのドラマについて、それぞれ感想を書くほど時間がない(笑)。
でもそのうち”私のオススメ・ドラマ TOP5”なども書いてみたいと思います。

…ということで、来年も細々とブログ記事を書いていく予定なのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
[PR]